遺伝子とかDNAを考えると人間ってパズルみたい。。

横田めぐみさんの夫が韓国人拉致被害者の金英男(キム・ヨンナム)さんである可能性が高いとするDNA鑑定の結果が出たようで、これで、また横田めぐみさんへつながる情報網がまたひとつ増えたことになりますねえ。今になってはDNA鑑定は当たり前に聞くようになっていますが、すごい技術ですよねえ、改めて考えると。。DNAという言葉を聞くと、そういえば、ヒトゲノム計画って、人間の遺伝子情報(塩基配列)をすべて解読しようって世界中が競うように動いていましたが、あれって、どうなったんですかねえ。ちょっくら見ると、2003年に解読が完了してるみたいね(知らなかった。。その時期は世の中に疎かったもので。。)すごいなぁ。何がどこまですごいか具体的にはわからないけど、とにかく、すごいと思う^^30億の塩基配列とかでしょ?すごいすごい!これからの作業はその遺伝子情報の意味合いや(病気とかとの)関係性を解読していくものになるのでしょう。遺伝子治療たる言葉も聞いたりしますが、組み込まれた新たな遺伝子は子供に遺伝したりするのでしょうか?わからないことだらけの遺伝子ですが、すべてが遺伝子からわかってしまうと(いつ病気になっていつ死ぬとかとか)それはそれで問題になったりもしますね(保険業界とかね)不確定な部分があるからこそ、成り立っていくものってのはあったりするわけで(気持ちの面でもね)。。だけど、人間の限りない好奇心や探究心はどこまでも続き、いづれは完全解読ってことになるのかな?まあ、なかなかそこまではたどり着かないと思いますが、なにはともあれ、何かが発展すると何かに弊害及ぶことが多い人間の行い。。いつまでも見守っていきましょう、アナログな目でアナログな気持ちで^^


私:「どれどれ、アミちんの遺伝情報を拝見。。」
アミ:「いや~ん。」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です