雪の降る音をコンコンとかわいくは言うけれど。

週末は嘘のように気温が上がり暖かかったですねえ。雨も久しぶりな感じでした。ただ、この気温の上昇とこの雨は新潟や長野など積雪地方にとって、とても危険なものですよね。(今は特に)案の定、被害のニュースが入ってきましたね。現時点で昨年12月からの大雪による死者数は95人となるようです。(83,84年以来最悪)雪国の人は僕らなんかより十分雪の怖さを知っているはずなのに、それでも、これだけの被害が出るということは今回の大雪が並大抵なものじゃないことを大いに示しています。そもそも雪ってどれくらいの重さなの?一般的に新雪の密度は、外気温3℃以下のときの新雪では0.08g/立方センチメートルで、3℃以上のときの『締り雪』で0.25g/立方センチメートル程度、『粗目雪』では0.5g/立方センチメートル前後になるみたいですよ。付け足すと、積雪後雨が降ると密度は増加し、積雪量が増加するにつれて下層の雪ほど圧縮されて密度が大きくなるわけですな。(だから、安易に長さや幅などで計算できないわけです。想定より重いと考えなきゃならんですわ)例えば、100㎡の屋根の場合、0.5g/立方センチメートルの密度の雪が1m積もったとすると、重さは50トンにもなるのわけです。約4メートルの積雪ということを考えると想像もつかないほどの重量ですなぁ・・。そりゃ、家も潰れますわ。。これから雪のあるところへお出かけの方は十分にご注意を!


アミ:「うお!雪だ!雪崩だ!危険を感じたらまずは頭を!」
私:「そんなかわいい手じゃ防げません。。」

おすすめ

2件のフィードバック

  1. あきうさぎ より:

    ニュースで見ましたが、普通の雪なら小さめのダンボールで2kg位の
    重さになるところが、雨が降った後だと10kgにもなるそうです・・・
    そんな重さのものが屋根から落ちてきたら、正に凶器ですね。。
    そこまでとは感じていなかったので、本当に注意が必要^^;
    アミちゃん!!ダッシュで逃げよう~

  2. ガタ より:

    温室育ちのアミちんは危機感ゼロなんで、
    僕が抱えて一緒に逃げます!
    なので、アミちん軽くいてくれ~。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です