食事中の水分摂取(ノンカロリーだからと侮るな)。

9月も後半だっていうのに、暑さがまだまだ続きますねえ。汗もまだまだかきます。だから、水分も十分に取った方がいいでしょう。ただ、食事中に関しては水をがぶがぶ飲むことはよくないということは結構みなさん知らなかったりするのではないでしょうか。食事中に水をとると、唾液などの消化液が十分に出ずに、太る胃の中で食べ物を分解している消化液が薄まり正しく消化されず、その結果、未消化の物質が体を詰まらせることになり、肥満のもとに。さらに、水にはカロリーはありませんが、水をとると血糖値が一気に高くなり、満腹感も出てくるのですが、あまりにも早く血糖値が上がると、これを下げようとしてインスリンが登場し、そのインスリンが、せっせと脂をつくりはじめてしまいます。インスリンというのは、脂を作るスペシャリストなのです。(インスリンダイエットとはよくいったものですが)そういうことで、基準値を超えた血糖は、インスリンによって脂に変えられてしまうというわけです。食事中の水分摂取は肥満の要因に!!!(意外でしょ、水太りという言葉も案外、嘘じゃないかも)ということで、食事中の水分摂取は極力控えましょう。(野菜やスープなどで摂取)じゃあ、いつ水分を?それは、食事前30分前か、もしくは、食後1時間後に水を摂取することがいいようです。(結構、我慢が必要かもしれませんね)ちなみに、水分がないと物が食べれないという人は、ホルモン分泌が悪く唾液が少なくなっている可能性もあるようです。ノンカロリーの絶対不可欠な、なんとなく飲んでいる水ですが、奥が深い。。


アミ:「がぶがぶがぶ。」
アミちんは、草からも水分摂取!!??

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です