食品業界を考える。

ミートホープにはじまり(どれが始まりかもう定かではありませんが、、)、白い恋人、吉兆、比内鶏、ローソンやらマクドナルドやら、オリジン弁当やら、やらやらやら・・、食品業界はもう大変なことになってますね。(品格を疑います)で、今日も変なニュースを発見。会員制コミュニティサイト「mixi」に、ある高校男児が「ケンタッキーでバイトしてたときに、ゴキブリを揚げた」というような内容を日記に書き込み、すぐに非難の書き込みが殺到し、一気にその日記が炎上したみたいです。その日の夜にはその男子が働いていた店に父親と共に謝罪をしに行っていて、翌日夕方には本社にまで出向いて「いたずらで嘘を書いた」と謝罪をしています。これを見ると、なんか、本当にゴキブリを揚げたんじゃないかと私は勝手に推測してしまいます。その男子の書き込みは「ゴキブリって揚げても、なかなか死なないんだよ。実験協力:ケンタッキー」というような、あまりに具体的感想の含まれる内容であるし、本社にまで出向いて、嘘でしたと告白している、この大げさな事態になってるところが、なんか、無理やり謝らせた、という感じが否めませんね。その男子は千葉県の店舗で働いてたそうですが、千葉県ではそういう食中毒事件とかは発生していないので、本当にやっていなかったのかもしれません。しかし、一方で表面化してなかっただけで、やってたかもしれません。真相はわかりません。ただ、今、偽装ラッシュでありますが、実際にそういう中に食中毒事件みたいな消費者の被害は出ていません、出ていませんでした。言ってしまえば、食の被害は表面化してないだけで、まだまだ、潜む偽装ってのはまだたくさんあるのではないかとも思っちゃいます。特にアルバイトやパートが現場を仕切っているところは、かなり疑わしい。。正社員の数が減り、パートタイムの労働者ばかりになってきている現状を国会などで、各分野で問題視されておりますが、この食の問題もまさしく、大きく関ってくる問題だと思います。全員がそうとは言い切れませんが、正社員に比べ、パートタイムの人の職への責任感の低下などにより、職務の質の低下が進むことは、アルバイト経験者なら、誰もが否定できないところだと思います。今回の騒動で改めて、アルバイトまかせの業界はかなりやばいそうなことと、日本人の腸の強さは実は結構なもんだということを痛感しました。ではでは。


かわいい娘を持つ身としても、食の安全は切に願うところです。
アミ:「むにゃむにゃ・・、お肉、、、、もっと、むにゃむにゃ・・。」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です