2つの湿度。

梅雨であるにもかかわらず、2日連続で雨が降りませんでしたね。まるで、夏のような陽気でもありました。でも、このじめじめ感は本当に不快です。。日本の夏は湿度が高い。よく湿度100%とか言ったりしますが、感覚的には?ですよね^^湿度には絶対湿度と相対湿度といわれるものがあります。よく湿度何%と使われているのは相対湿度の方です。相対湿度はその空気の温度での飽和水蒸気量(これ以上空気に溶かす事が出来ない水分量)を100%として、今は水分何パーセント含まれているかを示すものです。単位は%。絶対湿度は空気1m3に水分が何グラム含まれているかを示すものです。単位はg/m3。空気は温度によって、水分を含む量の限界値(飽和水蒸気量)が変わります。例えば、気温が30度だと限界値が30.4g/m3なのに対して、気温が10度だと9.4g/m3になります。なので、気温の高い日は多くの水分を含みやすいのです。また、昼間と夜中とでもまたその限界値が変わってくるので、湿度にも影響を及ぼしてきます。(同じ水分量なのに、夜中の相対湿度は高いのです)っと、まあ、湿度高い国、日本に住むものとして、こんなうんちく知っておいてもいいのではないでしょうか^^ではでは。


アミ:「はあはあ、暑いぜ、べいび~。」
私:「よし!バリカン!」
アミ:「・・・・」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です