ITを相手に。

少し前の話ですが、作業して蓄えていたメモリーが突然読み込めなくなってしまいました。。(かなりのメモリー数が・・。)そのメディアはフロッピーディスク(FD)。まあ、今時そんなに使用するものではないですな。どうやら、使用していたFDが老朽化してしまったせいで読み取れなくなったようです。調べてみると、FDの耐用年数は約5年とありました。(※1)僕のそのFDは余裕でその年数を超えております。。数日、泣く日々を過ごしておりましたが、本日打開策をリサーチ!!で、ありました、ありました、破損や老朽化などで読み取れなくなったメディアの中のメモリーを取り出してくれるサービスが!(※2)相談&見積りは無料でメールで受け付けていたのでさっそく問合せ。まだ、返信は来てませんが、なんか、うまくいきそうな予感。。みなさんも、僕のように泣きを見ないように、しっかりメモリーのバックアップをとっておきましょう!CDやら、DVDやら保存は半永久と謳っておりますが、それはデジタルデータが半永久であって、それを保持する化学物質が半永久ではないのです。。(日に当たったり、ホコリだったり、破損だったりとね、それで変化しちゃうわけさ※1参照)今や自分から離せないものになってしまっている携帯電話(の電話帳)のメモリーも結構、バックアップをとっていない人がほとんどだったりします。何かの拍子で携帯電話が使えなくなった経験は少なくなかったりするはず^^ご用心を&バックアップを!未来の自分の涙を今拭おう!

※1 panasonicのIT Column2004
http://pweb.kms.panasonic.co.jp/pweb/i_info/IT_colum200406.htm
※2 アップルワンメディアサービス
http://www.apple1-jp.com/Recovery/index.html


アミ:「男なら、泣くんじゃねえ!」きりりり!
私:「あんた、メスやん、男のような。。」

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です