男女の五感の差。同じ音楽も男女で違うように聴こえる?

知っておけば彼へのイライラが減る、男女の五感の違い
http://top.tsite.jp/news/o/23826148/

 

いくら愛し合っていても、いくら長い間一緒にいても、心と体は別個なわけですから、それぞれで感じ方が違うのは当然です。それなのに、いつしか、「あなたならわかってくれるはず」と一心同体のような幻想を抱いてしまい、痛い目にあった経験のある方も結構いるのではないでしょうか^^;

 

「違いを受け入れること」というのは、人間関係でも、地域、国レベルでも、世界レベルでも、平和を築くためには大切なことだと私は勝手に思っています。

 

以下、記事の抜粋引用

 

1、視覚

女性は原色(赤、緑、黄、青)の間の微妙な違いを見分ける力が男性よりも優れいていることがわかっています。一方で、男性は突然の動きや素早く変化する映像を識別する能力が高い(狩猟により発達?)

 

2、触覚

細い指の人は触覚が繊細だということが研究によりわかっています。つまり、女性は男性よりもより細やかな刺激を受け取ることができます。細い指の男性も同じく触覚は繊細だそうです。

 

3、聴覚

男性は女性よりも聴覚を失う率が5.5倍高い。また、女性はすべての年齢において2000Hz以上の聞き取りづらい音を聞き取る力が男性よりも優れています。傾向として、女性は年齢とともに、低音が聞き取りにくくなります。(同じ音楽を聴いていて、男女で違う聴こえ方をしているというのがとっても不思議な感じ)

 

4、嗅覚

女性の脳には、嗅覚中枢の細胞が男性よりも平均で43%、神経細胞は、50%以上も多く存在することが判明しています。

 

5、味覚

女性は男性よりも舌の上で味を感じ取る味蕾を多く持っていることがわかっています。普通の人よりも優れた味覚を持つ「スーパー味覚者」は男性の15%に対し、女性は35%存在します。

 

以上、、

 

よくわかったことは、男性は女性に完敗ということ。。

 

 



 

 

ただ、感覚が繊細で強いということは、良いも悪いも両方を強く受けることになります。だからこそ、多くの要素において、揺さぶられてしまう女性が多いのかもしれませんね。

 

一方、男性は女性に比べて鈍感ですが、女性に比べたら、外部に強い影響を受けず、ぶれずに行動がしやすいのかもしれませんね。

 

男らしい女、女らしい男、その他、今ではいろんなジェンダーが存在するので、上述したことは一概に当てはめることはできませんが、互いに違いを認め、受け止めて、互いに補完をし合うことは、5W1Hすべてにおいて大事になってくるでしょう。

 

まずは上述の男女の傾向?くらいは頭に入れておくとしましょう^^

 

ではでは

 

 

上の男女の傾向から男女カップルの関係性を考えてみると、感覚の鋭い女性には色々と察してもらう、気づいてもらうことがひとつの役割として適しているのかもしれません。男性は、、まあ、ぶれずに愚直に仕事したりとか、素直に愛の実践をすればいいのかもね。^^;

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です