リンゴ対10の10乗(Apple vs Google)

先日、iPhone4が発売され話題になりましたね。iPadもとても話題になりました。時代はAppleではないかと思われる方も多いかもしれませんが、そうはいかないのが競争社会。どうやら、今やマイクロソフトをも凌ぐ?力を持つGoogleがAppleに対する包囲網を着実に推し進めているようですね。AppleのiPhoneに対してGoogleがAndroidを投入したところからApple vs Googleの対決姿勢が鮮明になって参りました。(Google開発のアプリケーションをAppleが締め出しているとかとか)

 

・iPhone vs Android(Xperia)
・iPad vs Androidストレート(iPadよりすごいという噂も)
・iPhone位置情報サービス vs Google Maps
・Apple TV vs Google TV
・iTunes vs Google音楽サービス

 

などなど、いろいろな対決構図ができてきています。その中で私にとって気になる対決、、それはやはり音楽対決。音楽配信事業で一番手であるAppleのiTunesに対してGoogleもついに手を打つようです。いろいろな噂が飛び交っていますが、気になるのは定額サービスを実施するという話。詳細はわかりませんが、月額○○円で何曲でもとか、何曲までダウンロード可能という感じになるのでしょうか?とりあえず、1曲あたり対する単価は下がるので、制作サイドとしては微妙な気持ちです。ただ、そういったサービスで音楽ユーザーの裾野が広がっていくのなら、いい面もあるかもしれません。もうひとつ気になる情報として、Googleでアーティスト名や曲名を検索(いまやググるという言葉は標準語)すると、そのままGoogleの音楽ストアへの流れを実現するというもの。こういった設定をされたらAppleもたまったもんじゃないですね。。
先手の強み、後手ながら進化した強み、こういった対決って、どこの業界でも行われていることですね。さて、この最大規模の対決はどうなるものか見物です。
どこにいても自分の持つスマートフォンで家にあるPCを操作って時代もすぐそこまできています。
技術に取り残されないように、ついていきたいですね。

 

iPhone vs Android徹底比較
http://news.livedoor.com/article/detail/4839275/

 

P.S.デンマーク戦はひとりで興奮して奇声を発していました^^次はパラグアイ!!
アミまこ40万アクセス達成ありがとうございます!!

 

 

 

アミ:「犬もサングラスをする時代だからのぉ。」
私:「それは時代の進化っていうのか?」

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です