iPadってどうなの?

iPadが28日に発売されましたね。アップルの快進撃は続きますね。ただ、私の中では、iphoneやipadなどとの商品のすみ分けが難しいんじゃないかなとも思っています。確か、少し前のニュースで携帯音楽プレーヤーの市場シェア率でipodがSONYのウォークマンに抜かれたというものがありました。これは、ipodユーザーがiphoneやitouchなどに分裂してしまったからだとか。私自身もiphoneひとつあれば、特にiPadは必要ないかなとも思っちゃいます。
アメリカで既に100万台も売れているiPadですが、その原価はおよそ50%だそうです。この原価が高いのか安いのかはともかくとして、その原価のもととなる部品の供給元ですが、主要部品はアメリカ、中国、韓国の3カ国が占めているようです。(日本の影響は薄い)2007年に発売されたi phoneではタッチパネル部品の9割以上が日本製だったのを考えると、日本企業の影響力の低下が明らかにわかりますね。。(アップルに関してですが)

 

 



 

 

そういえば、中国ではTouchPadっていうiPadの類似品が先行発売されてましたね.(Windows搭載、価格はiPadより割高)さらに、中国では9年前、既にiPadを商標登録もされていたようで、アップルはiPadの中国市場投入に頭を悩ましているようです。(アップルは商標登録の権利獲得交渉中)
日本にも中国みたいにこれぐらい、図々しさというか、荒々しさが欲しいですね^^アメリカ従属の日本とアメリカ対等の中国がここにも垣間見えますね。
いずれにせよ、Adobeのflashが使えないiPadでもありますし。どれだけ、iPad向けのコンテンツが充実するかも、これからの見所だと思うので、様子をみていきたいですね。

 

最期にiPadの説明動画を広島弁でどうぞ^^

 

 

 

 

アミ:「花よりiPad。」
私:「ダンゴじゃ物足りんのか。。」

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です