大容量時代の次は管理機能時代かな?

今日は風があって心地いいですね。
渡辺謙とデカプリオのあの映画を観に行きたいけど、未だ行けず。。
近頃は2D3D同時公開となってる映画が多いですね。時代はどんどん変わっていきます。映画、映像といえば、今ではスタンダードとなったブルーレイディスク。正直、まだ私使ったことありません。(DVDとハードディスクで間に合ってます)

 

DVD
4.7GB(1層)
8.5GB(2層)
BLU-ray Disc
25GB(1層)
50GB(2層)

 

6、7年前に買ったソニーのノートパソコンのハードディスクの要領が30GBでした。今では一昔前のパソコンの容量をブルーレイディスクでカバーできちゃいます。
そして、ブルーレイもまだ使ってないのに、こんな情報が!!
「新型レーザー!ソニーが開発中のブルーレイ後継技術」
既にブルーレイの次世代ディスクが完成に向かっております。。
この次世代ディスクはブルーレイと比べて20倍もの容量を持てるとのことです。

 

ということは、、

 

 



 

 

次世代ディスク
500GB(1層)
1000GB(2層)つまりは1TB

 

すごすぎる。。ハイビジョンやら3Dでもなんでもどんどんこい!って感じですね。(映画を50本くらい録画できちゃうらしい。。)
記憶容量が多くなるのはいいんですが、また管理が大変なことになりそうですね。
デジカメと同じことになりそうです。
どんどん写真とって記録するのはいいのですが、管理できずに放置状態。。
フィルムで写真をとってた時の方がしっかりとアルバムで整理され、見返してたりするのです。
そういう意味で大容量時代の次は管理サービスやら管理機能の充実が求められそうですね。
記録したものが、自動的に時系列で整理されていくソフトとかですね。自動アルバム作成サービスとかとか。(最近は動画撮影なんて当たり前ですから)
とりあえず、私はブルーレイの使用から始めてみます。
時代に流されるのはどうかと思いますが、時代の流れにはうまく乗っかっていきたいですね。

 

ではでは。

 

 

 

私:「さあ、気持ちいい水浴びしますか。」
アミ:「手洗いは嫌じゃ〜。。」
散歩の後の手洗いで露骨に嫌な顔をするアミちんでした^^

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です