個人情報だだ漏れ時代

CCC、Tポイント利用規約を改訂へ。オプトアウトを受け付け
http://japan.cnet.com/marketers/news/35052414/

 

CCC=カルチュア•コンビニエンス•クラブはTSUTAYAなどを運営する会社です。最近、TポイントはYahooやソフトバンクとも連携を始めましたね。

 

ポイントの連携は個人情報の共有につながることもあります。個人情報と言えば、ベネッセの事件やら、LINEの乗っ取り事件やらいろいろ問題になっております。

 

インターネットのおかげでいろんなものと簡単につながることができるようになりました。でも、逆に言えば、個人情報のような重要なものも簡単につながって、拡散もされやすい時代にもなりました。

 

話は変わりますが、先日、記念すべく広告会社時代の同期のプロデューサーと初のお仕事をしました。(音楽作りました)

 

結婚相談所、情報サービスの会社の動画広告です。

 

 

後日、完成動画をHPなどで確認をしようと、「結婚」などのキーワード検索をする私。

 

結果、それからというもの、私のブラウザ上の広告には結婚情報系のものばかりが掲載されるようになりました。。(私以外の人にこれを見られたら、なんだか恥ずかしくなりますよね。。誤解です。^^;)

 

 



 

 

このようにGoogleやYahooなどを始めとしたウェブサービスはユーザーの過去のアクセス履歴を基に広告を表示させる機能があります。(ある意味、個人情報収集)

 

なんだかこわいですね。

 

NSA職員は、一般人のヌード写真などを日常的に回覧
http://wired.jp/2014/07/22/snowden-nsa-nude-photos/

 

最近、スノーデン氏が暴露したものですが、ここまでくると、もう、個人情報筒抜けってレベルじゃないですよね。。

 

ネット上で自分の個人情報を守ることは、NSAのような国家組織の活動においては不可能に近いかもしれません。ただ、過去のアクセス履歴からの広告表示を防ぐことくらいはできるのです。

 

それが、オプトアウトです。(個人情報の提供停止)

 

前置きが長い感じになりましたが、CCCが運営するTポイントサービスにおいても、このオプトアウトができるようになったということです。

 

ちなみに、わたしはGoogleで「結婚」と何回か検索をした結果、上のようなことになりましたが、GoogleやYahooなどでも設定でオプトアウトができます。

 

Webアクセス履歴を基にした広告表示を無効にする
http://weback.net/general/1599/

 

ちなみに、Googleでいつも検索している人はここをクリックするとあなたの個人情報が大体推測されちゃっていることがわかります。笑(私は年齢層や興味や関心など結構あてはまってました。。)
https://www.google.com/ads/preferences/?hl=ja

 

つながり放題な今の時代、完全なる情報防衛は無理かもしれませんね。ネットは使わない!というアナログこそ完全なる防御なのかもしれません。笑

 

ではでは

何かができるようになるということは、良いこともできるようになるし、同時に悪いこともできるようになることでもあるわけです。(例えば、交通手段の発達は多くの人との交流、出会うことができるようになりましたが、それは良い人といっぱい会えると同時に、悪い人ともいっぱい会えるということにもなります。)

 

何かの発展自体は良いことですが、やはり、大事なのはそれらを使いこなす人間性(教育)だと思います。(技術よりも人間そのものが大事)

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です