SNS上の6割、7割の人が記事のタイトルだけ見てコメント。(中身見てない)

実は全然読んでない!約6割の人がタイトルだけで分かった気になって反応
http://www.appps.jp/233057/

 

スマホでツイッターやFacebookなどのSNSをしていると、多くの情報が飛び込んできます。気になった記事があっても、すべての内容をちゃんと読んでいるかと聞かれると、正直、困ってしまう私です。^^;

 

上の記事は、私だけではなく、多くの人がそういう傾向にあることを再認識させてくれる内容になっています。

 

研究によれば、

 

59%の人が記事のリンクをクリックせずに、コメントやリツートしているとのこと。(ツイッター)

 

約7割のユーザーが見出しだけを見てコメントをしている。(Facebook)

 

研究者の以下の言葉も興味深いです。

 

人々は記事を読むよりも共有することに喜びを得ている。

 

これは情報消費の典型であり人々はより深く知ろうとする努力をせず、要約、もしくは要約の要約を基に意見を形成する。

 

少し、自分の弁解をさせて頂くと、

 

何かをコメントしたり、リツートなどの拡散をする場合、私は絶対にその記事やURLの内容をちゃんと見てからにします。

 

だって、知らずして発信するのはちょっと無責任だし、それはコミュニケーションとしてありえないと思いますから。^^;

 

そういう意味では、私は上の6割や7割の中には入らないかな。

 

でも、記事のタイトルだけ見て終わること自体は多々ありますね。。

 

 



 

 

改めて、思ったことは、、、

 

ブログのタイトルはもっと考えてから決めよう!!笑

 

まあ、それは半分冗談ですが、、^^

 

昨今のSNS時代、中身を知らずして判断されてしまう傾向があるという事実はよくよく知っておいた方がいいかもしれません。

 

これは記事に限ったことではなく、音楽もそうですね。15秒のCMの中で使われていた音楽を聴いて、その音楽を気に入るなんてケースはよくあります。

 

音楽を作る側としては、15秒以外のすべての部分を聴いて判断して欲しい気持ちがありますが、「さわり」で判断されるというのが現実です。(実際、CMタイアップの曲を作る時は、最初の数秒で聴く人の心をつかむものを!というような注文があったりします。←難題^^;)

 

選挙もそうですね、選挙中の演説だけで分かった気になって投票しますが、本当は、選挙が終わってから、当選した人が実際、何をしたかを見ないといけないと思うのですが、、、

 

ちょっと脱線しました、、

 

とにもかくにも、上の記事でわかることは、

 

SNS上の6割や7割は「中身を見てないコミュニケーション」。もっと言ってしまえば、「中身のないコミュニケーション」なのかもしれません。

 

中身見ようよ!!
中身のある話をしようよ!!
もっと深く知ろうとしようよ!

 

そんなことを思う私は、今日も適当にブログのタイトルを決めるのでした。。

 

ではでは

 

 

発信する側としては、表面部分、導入部分に多くのことを注力した方がいいのかもしれませんね。ただ、私の場合、いつもブログを書いた後に記事のタイトルを決めるのですが、私はその時点で燃え尽きているので、タイトルは結構適当です。。、中身勝負です。。(上でいろいろ言っておいてこれです。。)

 

あわせて読みたい

1件の返信

  1. アミまこ より:

    笑えば楽しくなるは誤り?作り笑いの最新研究結果

    これまでの定説は誤りだった?「作り笑いでも笑えば気分が良くなる」は正しくないとする研究結果(オランダ研究)http://karapaia.livedoor.biz/archives/52228177.html本当に楽しくなくても、作り笑いをすれば、楽しい気分になるという「表情フィードバック」の話は聞いたことのある人も多いでしょう。顔の表情が感情を作り出していくというひとつの説です。しかし、今回のオランダの研究では、そういった効果や現象をとらえることができなったようです。じゃあ、元気を出すために、少し無理にでも笑うようすることは、無意味なのか?実は、この記事の最後の部分に、こう書いてあります。「ただし、今回の結果が表情フィードバック仮説全体への反証ではないことにも注意が必要である。」と。ひとつの情報源で物事を決めつけてはいけません表情フィードバック仮説、ふたたび再現に失敗http://www.excite.co.jp/News/it_g/20161017/Gizmodo_201610_registered-replication-report.htmlこの別の記事では、もう少し詳細に研究のことが書かれています。少し具体的に研究内容のことを説明しますと、今回行ったオランダの研究とは、、表情フィードバック仮説を強く裏付ける1998年のドイツの研究があります。その研究を今回、オランダチームが再現(証明)をしようとしたのです。結果、9つの再現に成功し、8つの再現に失敗したそうです。ちなみに、昨年、バージニア大学では3分の1の割合で再現に失敗したそうです。つまり、表情フィードバックは全否定されるものではなく、むしろ割合的には肯定される要素の方が強い?ふたつめの記事の最後に書いてあるように、再現実験ということで、先行研究で使用された30年前のアニメが使われたことや、「表情フィードバック」の知識を既に有する被験者もいたことなど、果たして今回の研究が、本当の意味での再現実験になったかどうか、疑問が残ります。そもそも、被験者にペンをくわえさせて表情を作らせている時点で、自然な表情筋の動きをなしていないので、研究の意味が薄らいでいるように私は感じました。^^;とりあえずは、作り笑いの効能は全否定されたわけじゃない(むしろ肯定色が濃い?)ので、今後も私はニコニコ顔をなるべく保っていきたいと思います。(あ、別にいつも作り笑いというわけじゃ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です