ヒマラヤほど〜の〜消しゴムひと〜つ〜♪わくわく。

宮崎あおいさんが「ヒマラヤほど〜の〜消しゴムひと〜つ〜♪」と歌ってるCMが話題になっていますが、本当にうまい手法だと思いますね。(本当、懐かしいですし)なにかを主張する際は、そのものを直接的に主張する方法とそれ以外のものを出して、主張したいものを逆に浮き上がらせる間接的な方法がありますが、このCMは間接手法のわかりやすい成功例ですね。(商品名を出さない事で逆に何のCMだろう?って気になりますよね)アース・ミュージックエコロジーという洋服のブランドのCMらしいですが、ユニクロと共に勝ち組として走っていくだろうとも言われています。

 

この曲はご存知の方も多いとは思いますが、ロックバンドTHE BLUE HEARTSの「1000のバイオリン」という曲です。私も当時、シングルCDを購入しています。(兄が買ったかな?)ストレートな詩とメロディに心打たれたのを覚えています。
1993年のシングルカットリリースなんですね。。もう17年も前ですね。でも色あせない。
1曲目に「1000のバイオリン」というバンドソングが入ってまして、カップリングに「1001のバイオリン」というオーケストラバージョンが入ってます。(アカペラの宮崎あおいさんはどちらを歌ったかは不明です。^^)
私はどちらのバージョンも好きです。

 

ヒマラヤほどの消しゴムひとつ
楽しい事をたくさんしたい
ミサイルほどのペンを片手に
おもしろい事をたくさんしたい

 

 



 

 

希望と好奇心と純粋さたっぷりの心震える詩だと思います。
ちなみに、オーケストラバージョンの「1001のバイオリン」は映画監督の深作欣二氏の葬儀の際、流された曲でもあります。人生で最も好きな曲と生前、深作氏は語っていたとのことです。

 

オリジナルを聴いてない方、懐かしく思ってる方、どうぞ
オーケストラバージョン「1001のバイオリン」

バンドバージョン「1000のバイオリン」ボーカルの甲本ヒロトのダンスというか狂いっぷりはいつ見てもやばいですね^^

 

 

アミ:「ヒマラヤほど〜の〜ご飯が欲しい〜♪」
私:「希望はあるが、夢がない。。」

 

 

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. Rico より:

    そのCMまだ見てないのですが、
    この曲、タイトルは知らなかったけど、知っている曲でした。
    オーケストラVerもいいですね。バンドVer、はい、ヤバイです^^♪
    最近ベスト出ましたね☆

  2. ガタ より:

    ベスト出ましたね!
    こういうロックバンドも時代とともに、「古き良き」というようなカテゴリーに入ってきちゃうのかもしれないですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です