映画の歴史が変わる!?

少し前の話ですが、正月休みに映画「アバター」を観てきました。ジェームス・キャメロン監督のタイタニック以来12年ぶりの作品です。映像技術が発展するのを待ってのこの年月が経ったという話もありましたが、その話もうなづけるほどの映像のすごさでした!初めて3D映画を特殊メガネをつけて観賞しましたが、最初は少々違和感を感じつつも、自然と3Dの世界へ入っていけました。CGキャプチャのために、120台ものデジタルビデオカメラを使ったりと、この監督のこだわりは本当に尽きないですね。タイタニックの時は船を丸ごと作ってしまって、今度はナヴィという星を創ってしまったわけですから。。(言語も文法レベルから作っちゃったらしい)時間のある方、映画に少しでも興味のある方は、この歴史的映画をご覧になることをおすすめします。

 

ちなみに、アバターとは、チャットなどのコミュニケーションツールで、自分の分身として画面上に登場するキャラクターのことを指します。ネット上の自分の分身キャラクターのことを指すことが多いですね。今回のアバターという映画は、ナヴィという全身が青の原民族に主人公が成り変ってストーリーが展開していくわけですが、このナヴィに写真をアップロードするだけで誰でもなれちゃうというサイトもあります。(アバター現象すごいですね)

 

 



 

 

サイト紹介
http://getnews.jp/archives/43887
AVATARIZE YOURSELF(マクドナルドのサイトです。ここで変身できます)
http://www.mcdonalds.ie/MMMMenu/Avatarize-Yourself.aspx
今年は、ちょいちょい刺激受けるために映画を定期的に観て行きたいと思っております。(一応、元映像関係従事者だし)

 

ではでは

 

 

アミもナヴィに大変身!!
思ったよりまとも^^

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です