絶滅の危機。バナナがいつか食べられなくなる?(将来食べられなくなるかもしれない食品)

【バナナが突然食卓から姿を消す日はいつ来てもおかしくない】
https://gigazine.net/news/20190703-banana-doomed/

 

・バナナ総生産量の47%を占めるとも言われているバナナの品種「キャベンディッシュ」が絶滅の危機に

・すべて同一のクローンで栽培されているため、ひとつの病原菌に対して全個体が滅んでしまう可能性

・フザリウム菌とMycosphaerella fijiensisという真菌によって危ない状況になっている(Mycosphaerella fijiensisは空気感染する)

 

以上、記事引用参考。

 

 

 



 

 

将来食べられなくなるかもしれない食品は高級食品に?

 

【あなたも知っておいた方がいい、将来食べられなくなるかもしれない10の飲食品】
https://tabizine.jp/2016/09/21/96974/

 

・ムール貝
・チョコレート
・ボルドー産ワイン
・パスタ
・天然サーモン
・はちみつ
・コーヒー
・ピーナッツ
・さくらんぼ
・ベーコン

 

食べられなくなるかもしれないものは、バナナ以外にもこんなにあります。

 

何十年後かには、これらは高級食品になっているのかもしれません。

 

ただ、改めて思うのは、

 

希少性=高い、は理解できますが、

希少性=高い=美味しい、、とは限りません。

 

高いから美味しいとも言えないし、美味しいから高いとも言い切れません。

 

この辺のことは、バナナやチョコレートなどが高級食品になった時、さらに痛感することなのかもしれません。^^

 

 

すべての原因は地球温暖化?

 

上の記事を読んでいると、絶滅の理由として「気候変動」「温暖化の影響」というような言葉がたくさん挙がってきます。

 

記事を読む限りでは、食べられなくなるかもしれない原因は温暖化であると言い切ってもいいくらいな感じです。

 

「2100年までに地球の気温が2度上がった場合」という言葉を何かのニュースや記事で目にするたび思うことは、

 

たった1度や2度とかで、人間の生活環境は変わってしまうし、脅かされてしまう

 

、、ということ。

 

地球温暖化の話は研究者によって是非があるのも事実。(これから寒冷期がくるという学者もいます)

 

ただ言えることは、

 

永久的に今の気温は保たれない→バナナなど食べれなく食材は今後、必ず出てくる

 

、ということです。(気温が下がってもダメ食材はたくさんあるでしょう)

 

とにもかくにも、今、頂ける食品をありがたく、感謝して食していきましょう。

 

ではでは

 

 

素人の私の見解としては、温暖化は人為的に短期的に起こっていて、寒冷化は地球レベルで長期的に起こっていると思っています。(ふたつが同時進行)あと、個人的には、北極点が一年で55kmも移動していること、「ポールシフト」も気になっています。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です