よろしゅうおねがいしやす。

 

 

愛犬のブログを見て、自分の愛犬のアミもみんなに見てもらいたいと思い、勢いで。まあ、どうせなので、なんらかのコメントもできたらいいなと思っております。メインはアミのプリチー写真です。

 

 



 

 

あわせて読みたい

1件の返信

  1. アミまこ より:

    アミとまこ。最期の日。

    突然のお知らせになりますが、4月1日(金)、21時ごろ、愛するアミが永眠致しました。13歳と2カ月でした。エイプリルフールに起きた、本当に嘘のような出来事でした。きれいな顔で、本当に本当にかわいい、寝ているような顔でした。元気いっぱいだったアミは私たちに与えるだけ与えて、老後の世話のようなこと(お返し)を一切させず、あっという間に旅立ちました。なかなか集まれない家族も、翌日が土曜ということでお別れのために全員が集まれました。逝くタイミングさえもアミが見計らっていくれたのかなと今は思っています。(アミからの最後のプレゼント)アミをかわいがってくれた皆さま、アミに代わり、これまでの愛情に感謝申し上げます。ありがとうございました。そんな皆さまには大変申し訳ございませんが、アミとのお別れは家族だけで行わせて頂きましたこと、ご了承くださいませ。この記事を書きながら、実感がまた湧いて、花粉症なのかなんなのかわからないくらい顔はぐしゃぐしゃであります。ブログ「アミまこ」ということで、アミを弔う意味と、私自身の気持ちを吐露させて頂く意味で、回想録を書かせて頂きます。(自己満足ですね)たぶん、長くなるので、興味のない方はスルーしてください。改めて、アミを愛してくださった皆さま、本当に本当にありがとうございました。【アミとまこの回想録】——————————–1998年2月私の大学受験が無事終わってすぐ、母に連れられて、ぬいぐるみのようなアミが我が家に。(生後1週間)外出していた私に犬が我が家に来たという連絡がきて、急いで帰宅すると、玄関に置いてある段ボールの中からひょこっとアミの顔が。ドキっとしたのを覚えています。なぜなら、その顔はまるで人間のような表情だったから。(柴犬の雑種と聞いていたので、想像以上に目が黒く丸く大きかったのも一因かな)その夜、アミとずっと遊んで、夜も更けて私が寝ようとすると、私の膝上から丸くなって離れないアミ。段ボールに入れても、すぐに自分の膝元に来て丸くなる。そりゃあ、すぐに親元から離されて、さびしくて、心細いのもわかると思い、膝元で眠るのを待って、深夜、ゆっくりと段ボールへ戻し寝かしつけました。そんな寂しがるアミを見て、これから、親は私たちなのだと強く思ったのを今でも覚えています。大学に入学した私は受験から解放され、遊びたい盛り。そんな中、母がアミの散歩を命じてくる…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です