空腹時の重要決断は危険?空腹時は長期より短期的(目の前の)利益を重視する傾向

【空腹は重大な決断を誤らせる?新たな研究結果が警告】
https://forbesjapan.com/articles/detail/29808

 

・空腹な人は、「将来に受け取ることができる大きな報酬よりも、今すぐ手に入る小さな報酬を選ぶ傾向」という研究結果

・人間は空腹時、今現在に集中した意思決定をするようになる(短期的利益を重視)

 

 

以上、記事引用参考。

 

 



 

 

重要な決断時、空腹は避けよう

 

空腹だと長期的利益よりも短期的利益を重視してしまう、という話は感覚的にはなんとなくわかるような気がします。

 

上の記事の中の例え話のように、ローンを組む時のような長期的重要な決断をする時は、お腹いっぱいの状態で臨んだ方がよさそうです。

 

空腹な人間は近視的、短期的利益を重視する、といった傾向

この情報は様々な場面で活用ができそうですよねえ。

 

たとえば、、

 

自分が決断する時、空腹の状態かどうかを考える

打ち合わせなどの決断を要するイベントは何時ころ行われる予定なのか(空腹の可能性が高いかどうかをスケジューリング時から考える)

他人に決断させる時、空腹時を狙う狙わない(行動経済学、マーケティング的な活用)

 

などなど、いろいろと使えそうです。

 

ちなみに、このブログを書いている今の私は満腹状態なので、長期的視点(利益)で、この文章を冷静に書けていると思います。笑

 

ではでは

 

 

食欲以外の、他の三大欲求が満たされていない時の作用は何かあるのかしら?

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です