2019年の予習

2019年のIT

 

【2019年に嫌というほど耳にするであろうIT業界の5つの話題】
https://japan.zdnet.com/article/35130555/

 

・Appleはピークを過ぎようとしている

GAFAとよく言われるけど、AppleとFacebookは一流ではあるけど、今後、革新的上昇は期待できなそうだよね。GoogleとAmazonの上昇はまだまだ未知数だと思います。

・AIやアルゴリズムに対する反感が高まる

人間がAIやアルゴリズムに不信感や不満を持ち始めるものの、既に世の中に根付いちゃっているので、どうしようもないというお話。

・2019年には5Gは大きな話題になるが、本格的な普及は2020年になる

8k放送と5G通信は合わせ技で徐々に普及していく感じかな?

・ハイブリッドインフラの普及で、ハイブリッドなアプリケーション戦略が重要になる

ハイブリッドクラウドとか初めて耳にしたけど、ハイブリッドでいいとこ取りする一方で、悪いとこ取りも起きそうな気がする、という、素人の勝手な予感(複雑、オペレーション負荷など)

・ブロックチェーンは本物か?

仮想通貨や電子通貨の普及のためには、ブロックチェーンの技術は欠かせないと思う。通貨の概念が変わりつつある中、既存銀行との関係性も注目したいところ。ちなみに、かの有名なMITは「2019年、ブロックチェーンは日常的なレベルにまで普及する」と予測。

 

以上、記事引用参考&小形の勝手なコメント^^

 

2019年の世界情勢

 

【新春恒例の大予測:FT執筆陣が占う2019年の世界】
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55127

 

・英国のEU離脱は阻止される?

・ジェレミー・コービン氏は英国の首相にならない

・フランスの黄色いベスト運動、抗議行動後、マクロん大統領は改革を再開する

・欧州議会選挙でポピュリストは躍進する(欧州議会は分断)

・民主党はトランプ大統領の弾劾を試みるが、うまくいかない

・トランプ大統領と習近平国家主席の間での貿易戦争の休戦は続かない

・ロシアはウクライナに対する軍事行動に慎重になる

・新たな金融危機は起きない(中規模は起きるかも?)

・インドの議会選挙後、モディ氏は首相の座にとどまっている

・南シナ海をめぐる論争は激化しない(貿易戦争の影響で中国が少し慎重になる)

・ボルソナロ大統領はブラジル経済を成長、加速させる

・サウジアラビアのサルマン皇太子は殺害事件後の余波を乗り切る

・S&P500株価指数は2019年末、3000ポイントを上回ってはいない

・エイチオピアのアハメド首相、アフリカ大陸でも特に目覚ましい国家変貌の勢いを維持する

・ブレンド原油は2019年末1バレル60ドルを割り込む

・ウーバーは市場最大のIPOを達成できない

・ザッカーバーグ氏はFacebook会長の座に居続ける

・米国のイールドカップは反転する

・ファーウェイは中国国外での足がかりを失うということはない

・日産・ルノー連合はゴーン氏抜きで生き延びられる

 

以上、記事引用参考。もちろん、この件に関して小形はノーコメント^^;

 



 

2019年の予言??

 

世界情勢のこと書いてたら、頭から煙が出そうになってきました。笑

 

最後は、面白ネタとして、こちらをどうぞ。

 

【未来人が語る2019年&2020年】
https://front-row.jp/_ct/17236798

 

・2019年1月、世界中でUFOの目撃情報が急激に増加する

・2019年2月、アメリカの中西部で雪を伴う大嵐が発生。いくつかの年が嵐に飲み込まれる

・2019年4月、ロボット化された人口眼が世界で初めて発売される

・2019年6月、全身麻痺もしくは半身不随の人たちが歩けるようになるチップが誕生

・2020年、トランプ大大統領が再選

 

以上、2019年の予測、予言など、色々書いてみました。

 

良いことだけが当たっているといいですね。

 

ではでは

 

 

未来は自分の内側(手の中)にある?作り上げる?

未来は自分の外側から降ってくる?受け止める?

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です