コカ・コーラも百薬の長???

コーラフリークには耳を塞ぎたくなるようなニュースです。

 

コーラを飲みすぎると、筋力低下などの症状が起きるとギリシャの研究者が論文を発表しました。(ニュース参照

 

ニュースにも書いてあるように、1人あたりの年間消費量が212ℓにもなるアメリカ人にとってはなおさら見逃せないニュースですね。ちなみに、ペプシコーラの1人あたりの年間消費量は、1位がプエルトリコで52ℓ、2位がアメリカで43ℓ、日本は45位で2ℓとなっているので、これを無理やりコーラに当てはめてみると、日本人のコーラ年間消費量は10ℓくらいかなと勝手に推測。。

 

 



 

 

ただ、今回の研究対象は1日に2~9ℓのコーラを摂取している人なので、そういう意味では該当する日本人は少なくなるような気もします。ただ、大量摂取で害を及ぼすと言われると、少量でも遠慮したい気持ちにもなりますね。(筋トレを欠かさず行う私には特に)

 

そもそも、コーラってのは不思議な飲み物で、ジュースの部類に入るとは思うのですが、ジュースとは本来、果汁から作られるものが主で、原材料としては明確であります。ただ、コーラは果汁を主に作られたものでなく、その原材料はトップシークレット。成分を知っているのは最高幹部だけだとか。(日本コカコーラ社はどこまで知っているのか・・。)コカ・コーラの名前の由来である、コカインがカフェインに代用される(18年前まで)までは、使用されていた事実を考えると、やはり、お勧め飲料でないことは確かでありますね。

 

とは言いつつも、飲みたくなる時もたまにあります。お酒も飲みすぎると毒ですが、1杯程度なら百薬の長とも言いますからね。コーラもそうなのかなと思いにふけつつ、今日はここまでにします。ではでは。

 

 

sirome.jpg

アミ:「うぃ~・・。むにゃむにゃむにゃ。。」
いつも、飲みすぎ??じゃなくて、食べ過ぎのアミちんでした。ちょっくら白目。。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です