1人の我慢、4人の思いやり。。

2月も、既に中盤ですね。さて、やって参りました。憂鬱な季節。。花粉シーズンです。今年は例年より早めに花粉が飛散するようです。気になる飛散量ですが、今年は例年より少ない傾向にあるようです。(やった!)確かに、去年の夏はそんなに暑くなかったからねえ。←知ってることが当たり前のことのように言ってますが、夏シーズンが暑いか、そうじゃないかによって翌年の花粉量が決まるなんて、花粉症の人だけが気になる情報かもしれませんね。。(暑いと花粉多い)

 

今年も花粉グッズが売れるのは間違いないですね(花粉市場大もうけ?花粉症対策市場規模は400億円以上だとか)でも、花粉症経済効果は大きいが、それ以上に花粉症の人が外出しないマイナス経済効果の方が大きく、トータル、景気としてはマイナスになる傾向だとか。

 

今は、鼻の穴にガーゼをつっこむ的なものや、鼻のまわりにクリームを塗ってイオンの層を作って花粉をブロック、といったような、マスクをしない商品も続々と出ていますね。

 

レーザー治療も今ではよく知られた治療法ですが、別の最新治療法が出てきたようですね。

 

ソムノプラスティとというもので、治療の正式名称は『高周波電気凝固法による下甲介(かこうかい)切除術』と言うそうです。(難しい名前だ)花粉症で鼻が詰まるのは下甲介という部分が腫れるためで、レーザーはその表面を焼くだけですが、ソムノプラスティは腫れた部分に針を刺し高周波を流して縮めてしまうそうです。そのため、鼻づまりに関してはレーザーより効果が高いとのこと。

 

これは保険適用されます。

 

もうひとつ、花粉症の根本治療として注目を集めているのが「舌下免疫療法」

 

「今までの免疫療法は、スギ花粉を含む注射液を低い濃度から徐々にあげて注射していましたが、舌下免疫療法はスギ花粉を含むエキスを舌の下に滴下するだけ。

 

しかし、これは保険適用外で、年間6万程度の治療費がかかるようです。。また別の問題がありまして、、花粉の飛散が始まる直前から治療を始めたのでは効果がないので、今からでは間に合わないとのこと。。(文藝春秋より)

 

 



 

 

なにはともあれ、やはり、根本的対策は花粉を吸い込まないように、シャットアウトすることですよね。

 

マスクはもちろん、室内にも花粉を持ち込まないような努力も必要です。(玄関入る前に体についた花粉をはらって落とすとか)

 

5人に一人が花粉症と言われています。残り4人の方には、花粉を室内に入れないような気遣いを、そして、花粉症の人はついらい思いをしているという認識だけでもお願いしたいですね。(花粉症人からの勝手なお願い)

 

最後に、花粉症と言われる有名人たちです。
勝手に親近感を感じ、テレビで見かけたら、勝手に勇気づけられちゃいましょう^^

 

関根勤 長澤まさみ タモリ 松井秀喜 松坂大輔 小泉純一郎
浜崎あゆみ aiko 田淵幸一 宮崎哲弥 江川卓 真鍋かをり 巨人の上原
寺門ジモン 織田裕二 堂本光一 上玉莉寿奈 中田英寿 長瀬智也
宮台の親 ミキティ江守徹 特ダネの小倉サン ピーコ 田尾監督 秋山幸二
西紀寛 松本智頭夫 河合薫 安藤和津 島田紳助 出川 キムタク
草野マサムネ 及川光博 清水ミチコ 高木美保 インリン
熊田曜子 「冬の輪舞」の主役の女優 B’zの稲葉 元巨人のローズ 三宅健
ラルクのhydeとken 小島奈津子 萩原舞 森田剛 安藤美姫 草彅剛 イチロー
香取慎吾 阪神の赤星 峰竜太  保坂直輝 小泉今日子 相葉雅紀
安倍晋三 ラサール石井

 

花粉症じゃない人にはそんなに意味のない記事でしたね。

 

ではでは。

 

アミ:「散歩後の風呂は最高じゃの〜。」
散歩中に花粉を吸い込むつらさを知らぬのんきなアミちんなのでした。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です