初めての場所で眠ると脳は半覚醒状態になる(初夜効果)

【初めての場所で寝ると脳は半覚醒状態になる】
https://nazology.net/archives/52563

 

・初めての場所で寝ると、脳の半分が覚醒した状態になる

・脳の半覚醒状態は、動物にもみられる保護メカニズムの1つである

・ぐっすり寝るためには、環境に「慣れる」ことが大切

 

以上、記事引用参考

 

 



 

睡眠の質はその寝床が慣れているか(安心できているか)どうかが重要

 

旅行先などで、なかなかぐっすり眠れない経験をしたことがある人は私だけではないでしょう。

 

睡眠学者は、人間が初めての場所で寝る時の、この影響を初夜効果と呼んでいるそうです。

 

なぜ、このようなことが起きるのか明確にはわかっていないようですが、初めての場所での警戒、動物的本能、サバイバルモードでは?と推察されています。

 

近頃、「世界を飛び回る」「家を持たない」というような人が多く存在しますが、その人たちが、どれだけぐっすり眠れているのかが心配ですね^^;

 

ただ、解決策として、「初めてのホテルでも、ホテル内やホテルの周りを探索して、その場所に自分を慣れさせることで、初夜効果は防げる」とのこと。

 

だから、宿泊する時の理想は、泊まり慣れた宿泊先ということになるのかもしれませんね。

 

上の記事の関連リンクに、「なぜ車に乗ると眠くなるのか」というようなものがありましたが、これももしかしたら、車内=自分が慣れた空間、だからなのでは?と勝手に思うのでした。(実際、車内空間は自分の空間だから、急に強気になったりする人もいるのだと思います。)

 

また、初夜効果を逆の視点で考えれば、

 

ぐっすり眠れた→その場所は慣れている場所、安心できている場所

ぐっすり眠れない→その場所は慣れていない場所、安心できていない場所

 

、、と解釈することもできるのかもしれません。

 

 

とにもかくにも、良い睡眠のために、眠る場所がどれだけ慣れている場所かしっかり確認した方がよさそうです。

 

ではでは

 

 

【リリースのお知らせ】

 

明日、3/4にリリースです。よろしくお願いします。

 

■『YUKI concert tour “trance/forme” 2019 東京国際フォーラム ホールA』ティザームービー

私が作曲した「やたらとシンクロニシティ」が収録されています。

 

■『ユキビデオ4』ティザームービー

私が作曲した「STARMANN」「やたらとシンクロニシティ」が収録されています。

 

 

狩猟民族、農耕民族、人間の起源、本能、、、

初夜効果を知ると、やはり、人間は家(寝床)というものが本当に重要だと思い知らされます。

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です