黄色い食べ物を食べると幸せになれる(最新研究)

黄色い食べ物を食べると幸せになれる

 

【黄色い物を食べると幸せになれる?最新研究の楽しい発見】
https://forbesjapan.com/articles/detail/27082

 

・人は本能的に黄色を喜びの感情と関連づけること、そして、黄色い食べ物を食べると高レベルの幸せホルモンが放出される場合があることが判明

・黄色は左脳を刺激する。左脳は黄色を「温かくて楽しいもの」と理解

・既存の研究では、黄色を無学とか逆上、マニアックな衝動、狂気や盲目と結びつけてきたが、食の領域に関しては、黄色は強力な抗うつ薬になることがわかった

 

以上、記事引用参考。

 

 

 



 

 

目から入る情報はやはりとても大きい影響を与える

 

私、個人的には、既存の研究において黄色が狂気や盲目と結びつけられてきたことに驚きを感じます。^^;幸福の黄色いハンカチという映画があるように、日本人にとっては黄色は良いイメージが強いですよね。(世界的には違うのかな?)

 

色が人に与える影響の話はこれまでにもブログで何回も取り上げてきていますが、黄色のものを食べるという具体的な行為やその影響の話はよりいっそう興味深いですね。

 

黄色のものを食べると幸福感が増すということですが、

 

では、黄色いものを食べるとして、それを目を閉じたまま、目隠しで食べたとしたら、幸福感はどうなるのかなと考えてしまいました。

 

たぶん、目隠しをして食べたら、それほど幸福感は出ないのではないかと私は推測します。

 

そう考えさせる別の例として、

 

いくら肌に日焼け止めを塗っても、UVカットのサングラスをしないまま紫外線を浴びると、目に紫外線が入ってしまいます。脳はそれを「体全体に紫外線を浴びている!!」と勘違いしてしまい、日焼け止めを塗っている肌でさえも、シミを生成していってしまうのです。

 

この例から、やはり、目から入る情報というのはとても大きいのではないかと思うのです。だから、目隠しをしたら、黄色いものを食べても、それほど幸福感が出ないと私は考えます。

 

黄色部屋の中で食事をしたら、幸福感は上がるのかな?とも考えましたが、「自分の体内に摂取するものの色」(脳が摂取物と認識した色)が大事だと思うので、部屋の色はまた違う話しなのでしょう。たぶん。

 

黄色の食べ物なにがあるかな??

オムレツなどの卵、バナナ、パンケーキ、レモン、パイナップル、、他に何があるかな??、カレーはありかな?(カレーがありなら、常食する私は相当幸福感あげまくってますね笑)

 

幸福感への簡単な方法、黄色の食べ物、意識的に食べていきましょう。

 

ではでは

 

単純に、料理の色を愛でられるような人は幸福度が高いような気がします。^^逆も然り。

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です