蚊にとっての黒板ひっかき音なのか!?

最近、蚊を見かけるようになりました。。痛いのより痒いの大嫌いな私としては蚊は天敵です。殺生嫌いの私もお構いなく排除にむかいます。
こんなのありました。

 

蚊の嫌がる周波数着メロ♪(※開くとすぐに音が出るのでご注意を)
こういう周波数を出して、蚊をよける器具は私が小さい頃にも存在しましたね。その時は、蚊にさされまくりましたが、今の時代は信じていいのでしょうか??試す価値はあるかもしれないですね。
じわじわとユーザーを増やしているi-phoneのアプリでも同じようなものがありました。

 

蚊取りpod
これは、堂々と効果は疑わしいが楽しみましょうと書いてあるのが、微笑ましい^^(表示画面も昔ながらの蚊取り線香ですし)
そもそも、周波数ってなんだと思う方もいると思いますが、すごく簡単に言えば、音の高さを数値で表しています。ラの音は440Hz(ジャストな周波数だからチューニングに使われるのかな?)、シの音は494Hz、ドの音は523Hz、、という感じです。(1オクターブ上のラの音は880Hz、2オクターブ上のラは1760Hz)
人間の可聴範囲周波数は20Hz~20kHz(20K=20000)と言われています。(耳の検査でピーピー言ってのは周波数の高さを変えて流してるのです)
高い周波数の音は、年齢と共に聴き取れなくなる傾向にあるようです。(それを逆手にとって、とある深夜の公園では若者の嫌がる高周波数の音を流しているとかっていう話も。)

 

 



 

 

ちょっと、自分の耳は今どれだけ聴き取れるのか気になっちゃいました。
こんなのありました。

可聴周波数域チェッカー
どこまで高い周波数の音を識別できるかを診断するソフトです。
ダウンロードする必要がありますが、データも全然重くないので、興味のある方はお試しあれ。
ちなみに、私は、17200Hzくらいが限界でした。。平均年齢23歳の10名の平均値が18020Hzと書いてあるのを見ると、正直くやしいです。家の目の前を車がばんばん通っているからといういいわけを勝手につけておきましょう^^

 

長くなりましたが、最後に人間の嫌がる音について、
黒板やガラスをひっかく音を大抵の人(外国人も)は嫌がります。(上記の蚊の嫌がる音ってのも、人間にとってのこの音に該当するなら、効き目抜群ですよね?)なんで、嫌がるのかってのは、諸説あるようで、ひとつが、物を壊すほどのエネルギーを持った高周波音(超音波)というのは生物にとって有害なもので、そういった高い周波数の音を聞くと、危険を察知し無意識に防衛反応(嫌悪反応)を起こすため嫌悪感が出るという説。もうひとつが、サルの一種であるマカクザルが、危険を仲間に知らせる時の叫び声の声紋と黒板をひっかく音が完全に一致するようで、人間がサルだった昔の事を脳が思い出して危険を感じるからというもの。

 

どちらにせよ、生命維持本能が働く結果として、あの音に嫌悪感を感じるのですね。なるほど、なるほど。
音や周波数について、だらだらと広げて書いてみました。
長々と失礼しました。ではでは。

 

 

syokkiarai.jpg

私:「アミちんにとっての、嫌な音って何かなぁ?」
アミ:「空になった缶詰の音かな。」
私:「おぬしは・・・。」

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です