世間は値上がっていく。。

auのスマートフォンが話題になっていますね。注目は禁断のアプリというふれこみの「skype(スカイプ)」が搭載されているということ。スカイプがあれば、ネット回線を使ってスカイプユーザー同士の通話が無料になるわけです。これまでもPCではこのスカイプを使用している人は結構いました。すなわち、スマートフォンも一種のPCでもあるので、スカイプの利用は特に支障はないのです。しかも、今回のauのスマートフォンはネット回線のみ利用するスカイプと少し異なり、通話回線も混合して使用されるものらしく、通話品質が普通のスカイプよりも良いらしいです。無料で通話できるということで、爆発的に予約が殺到し、売れているようですが、気をつけなければならないのが、このスカイプの無料使用は暫定で1年間だけらしいです。1年後の料金設定はどうなるものか。。こわいですね。無料で人を集めておいて、後で課金ってね。。

 

値上げと言えば、あの夢の国、ディズニーも入園料を値上げするようですね。(ありゃりゃ)オープン時の大人3900円から7回の値上げを繰り返し、現在は5800円。来年度はさらに300円値上げするようです。(6100円かあ)特に競合もいなく、お客さんも減らないだろうというディズニーの強気が伺えます。。帝国データバンクによると、遊園地やテーマパークを経営する企業134社の09年度の収入の合計は7544億円で、前期比2・7%の増加。市場が拡大しているようにも見えますが、これは収入全体の4割を占めるオリエンタルランドが、前期比で12・7%伸びたことに要因があります。ほかの133社の合計でみると3・5%減で、全企業の半数近い64社が減収だったということです。まさにディズニーのひとり勝ち。ひとり勝ちのディズニーが値上げなんかするな~というご意見もあるとは思いますが、アメリカのディズニーが毎年のように2~3ドルの値上げをしていることを考えれば、東京ディズニーは頑張ってるというご意見も一方であります。大々的なアトラクションの建設、良質なサービスのための値上げと考えれば、理解をするディズニーユーザーもたくさんいるのではないでしょうか。

 

 



 

 

世の中は少しずつインフレ(お金の価値が下がる→物価が上がる)が起こるといい傾向だという経済的考えがありますが、収入増が特にない中での値上げはやはり庶民にはつらいものがありますね。。^^(電車などの公共機関の料金も少しずつあがるし。。)今回はauのスカイプの無料からはじまる値上げ、ディズニーの入園料の値上げをとりあげましたが、なんか値上げの種類が違うような気がします。ディズニーはさらなる付加価値(アトラクション建設など)のための値上げなのでいいですが、果たして、auは付加価値による値上げになるのでしょうか。単なる値上げ(たぶん定額制でしょう)になるのかどうなのか、見どころです。

 

ではでは。

 

P.S.NASAの重大発表は残念ながら、宇宙人ネタではなかったですね^^でも、生物のしくみの根底をくつがえす発見なようなので、宇宙人ネタほどではないですが、少しわくわくしました。

 

 

 

アミ:「このローラー、値上げする前に買っといてよかった。。」

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です