集団での行動より、どの集団に入るかが重要

人はなぜ集団では非倫理的になるのか?
http://wired.jp/2014/06/18/mob-mentality/

 

研究によれば、集団の一員として競争に参加すると、脳の「内省」にかかわる領域の活動が鈍るようです。

 

ただ、この研究記事の後半部分には

 

「すべての被験者が脳活動において同じような反応を示したわけではない。(略)集団の中に入ると、より自分を見失いやすいタイプと、そうでない人がいると考えられるが、その理由は今回の研究では検証されていない。」と述べています。

 

つまり、全員が全員、集団では非倫理的になるとは一概には言い切れないということです。笑

 

まあ、そうでしょうね。どの説も100%ってことはまずないですから。

 

ワールドカップ盛り上がってますよね。

 

スタジアムで観戦した日本人サポーターがゴミを拾って帰る姿が世界中で賞賛されています。一方では、日本代表の試合当日の渋谷のスクランブル交差点では秩序の無い大騒ぎで迷惑行為が多発しました。

 

集団では非倫理的になる。これは渋谷では適用されるかもしれませんが、スタジアムの日本サポーターには適用されません。やはり、一概には言えないわけです。

 

 



 

 

ここで、私の必殺、シンプル解釈&論理展開です。笑

 

「集団の中に入るとその集団心理や活動に大いなる影響を受ける(良いも悪いも両方)」というのが私なりのシンプルな考えです。(当たり前のことですがね)

 

だって、想像してみてください。みんながゴミ拾いをしている中で、自分だけゴミをポイポイ捨てるような行為を行えますか?笑。渋谷の迷惑な大騒ぎの中でひとりでその騒ぎに立ち向かうことができますか?笑

難しいと思います。人の行動原理の根本として、自己保身や生命維持本能がありますからね。(ひとりだけ違うことやると立場なくなって、危険ですから^^;)

 

経験のある方もいると思いますが、集団にひとり立ち向かって身の危険を感じたことのある人もいるでしょう。(私も少なからずあります。)

 

逆に、集団にそまって、集団と一体になる経験をする人はよりいっそういらっしゃると思います。

 

集団と一体になる。集団にひとり抵抗する。これは、良い悪い両方ありますし、良い悪いの話でひとくくりにはできないと思います。(渋谷大騒ぎとゴミ拾いの例だけ見てもね)

 

たぶん、渋谷のスクランブル交差点の若者をひとりつかまえて、ブラジルのスタジアムの日本人サポーターの中にポンと置いたら、たぶん、その人は一緒になってゴミ拾いをする可能性が高いでしょう。ブラジルのサポーターを渋谷に連れて行くという逆のパターンも同様に集団に染まってしまう可能性が高いと思います。だから、渋谷の人を全員悪人、ブラジルのスタジアムにいる人を全員善人とも言い切れないと私は思います。^^;

 

ただ、あえて善悪論を言うのならば、

 

大騒ぎで人さまの迷惑にになることがわかって、渋谷に合流することを決めた人はどうかなと思います。

 

ゴミを拾いをするとわかって、ゴミ袋片手に観戦に向かうことを決めた人は素晴らしいと思います。

 

つまり、「集団の中で自分の倫理観を実現することは難しいですが、集団の外で、どの集団に属するかを自分の倫理観で決めることはできる」わけです。

 

だから、どのコミュニティ、集団、組織に属するかはを決めることはとても重要だと私は強く感じています。(属してから色々変えようとするのは大変ですからね。。)

 

コミュニティは広義で言えば、友人関係、会社、部活、チーム、地域、都市、国、などなど、様々なレベルで存在します。

 

集団の中で何かを成そう、変えようとすることは困難ですが、どの集団に属するかを決めることは比較的容易にできます。

(渋谷の大騒ぎを見て見ぬ振りをする人もたくさんいたでしょう。でも、その人たちのことは責められません。^^;つまり、渋谷の大騒ぎに抵抗することは困難でも、渋谷に行かない選択は簡単にできます。)

 

何度も同じようなことを言いますが、このように、集団を変えようという大きな志も大事ですが、もしかしたら「どの集団に属するかということをみんな、ひとりひとりが考えて決めて行くことの方が、世界をより良くするためのキーポイントになるのかもしれない」と私は勝手に思うのです。

 

もちろん、私はスタジアムのゴミ拾いをするような集団に是非参加し、属して行きたいです。

(渋谷の迷惑大騒ぎ行為を止めることはこのへなちょこ作曲家には出来ませんが)

 

そんな感じで美しき集団が増殖、増大していたったらとても素晴らしいと思いませんか?

(一方、相対する集団はどんどん縮小)

 

今は、どちらの集団も「日本人」と言われるでしょう。でも、いつか、ゴミ拾いの集団だけ指して、世界から「日本人」と呼ばれたら、本当に素晴らしい。
「あなたの成していること、成そうとしていることはどんなですか?」もよく考えるべきですが、

 

「あなたの属している、属そうとしている集団、コミュニティはどんなですか?」を考えることの方がなおいっそう大事なことなのかもしれません。

 

ではでは

 

 

次回ギリシャ戦は私もテレビの前でゴミ袋持って観戦します!(白色ゴミ袋だけど)

はい、形から入っていきます。笑

観戦後は部屋の掃除します。笑

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です