ヘッドホンはもういらない?自分にだけ聴こえるスピーカー誕生

本当にもうヘッドフォンはいらないかも。自分にだけ聞こえるスピーカー誕生
http://news.biglobe.ne.jp/trend/0719/rme_160719_6194149134.html

 

関東はまだ正式に梅雨明けしてないみたいですが、もう、実質、夏ですよね。^^;暑さが厳しくなると、エアコンをとめて録音する灼熱地獄にいつも悩まされます。あと、地味につらいのが、長時間つけるヘッドホン。とにかく暑いし、むれます。笑

 

そんな悩みを解消してくれるかもしれない商品。なんとヘッドホンのいらないスピーカー!!

 

音って、普通四方八方に飛んでいきますよね?でも、このスピーカーは音のシャワーというかレーザーというか、一方方向にまっすぐに音が飛んでいくのです。(商品名もSoundlazerだしね)

 

最安のモデルが229USドルか。むむむ。。

 

どんな音の聴こえ方がするんだろう。普通のスピーカーと聴こえ方は変わらないのかな?とても興味深いです。

 

 



 

 

そして、私はまたまた色々なことを妄想してしまいます。^^

 

超音波って言葉を聞いたことのある人は結構いると思います。簡単に言えば、周波数的に人間には聞こえない音のことです。この超音波は医療でも使われ始めていて、色々な病気を治す研究がされています。(もしかしたら、超音波を照射するという点で、上のスピーカーの技術と関連があるかもね)

 

アルツハイマー病治療、マウスへの超音波実験で有望結果
http://jp.wsj.com/articles/SB10030317691824024149004580513091502701052

 

超音波で物を運ぶ時代もくるかもしれません。

 

音波浮揚:宙に浮かぶ液体(動画)
http://wired.jp/2012/09/18/zero-g-drugs/

 

ほんと、音の可能性が広がっています。

 

でもですね、可能性が広がるというのは、上述のような良い可能性だけでなく、悪い可能性も広がるということでもあるんですよね。(これまでの科学技術の発展の歴史を見てもわかります。)

 

ほんと、妄想ですが、上の技術を活用したレーザー音波で誰かの体を害するようなこともできるかもしれません。

 

前にも少し書きましたが、音って、遮断するのが難しいんです。視覚は目を閉じればそれまでですが、聴覚は耳をふさいでも、結構聞こえちゃったりしますし、完全に耳をふさげたとしても、骨伝導で伝わる場合もあります。音は目に見えません。さらには、聞こえない「超音波」というものもあるわけです。色々と考えさせられます。

 

まあ、悪いイメージばかりしても仕方ありませんが、

 

科学技術の発展に負けないくらいに、それを使う側の人間性のレベルも一緒に上がっていかないと本当にダメだよねと思うのでした。

 

「何か」ができる、ということを追求していくことも大事ですが、
「何のために」それをするのかという追求もやはり大事ですよね。

 

ではでは

 

 

私も経験がありますが、こうやって音楽聴きながらって、寝づらいんですよね。。(寝返りとかうちづらい)上の商品だったら、自分にだけ音楽照射して、ヘッドホンなどつけずに自由気ままに眠りにつくことができそうです。あと、純粋な疑問として、いくらまっすぐに音を照射できたとしても、その音は顔とか壁にぶつかって反射するでしょうから、完全に自分の世界というわけにもいかないのでは?と思いました。^^;

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です