相手を信頼できるかは脳が決める?自分が決める?

人は「相手の信頼度」を瞬間的に判断している:研究結果
http://wired.jp/2014/08/12/humans-make-snap-judgements/

 

人間は、相手が信頼できる人物かどうかを、意識的にその人の顔を見なくても瞬時に判断しているそうです。

 

記事では、なんか小難しく色々書いていますが、要は、

 

瞬間的に顔写真を見せても(ちゃんと認識してなくても)、脳の扁桃体はその顔を信頼できるとか、できないとかの脳反応を起こしているそうです。

 

人さまのことを軽々しく判断してはいけないと思う近頃の私ですが、上のように脳的に無意識に反応してしまったら、どうしようもないですね。(お手上げ^^;)

 

うーん、、理屈抜きで瞬間的に「こいつは信頼できねえやつ」だとか反応してしまったりするのか。。

 

(まだ解明されていないだけで、脳は信頼だけではなく、他の部分も判断、反応してそうですよね)

 

 



 

 

そうそう、この記事で他に気になった部分が。

 

信頼できる顔の印象と信頼できない顔の印象というのを位置づけている点です。

 

【信頼できる印象を与える顔】

下がった眉と高い頬骨

【信頼できない印象を与える顔】

つり上がった眉と平らな頬骨

 

、、みたいです。

 

ご自分の顔はどちらよりですか?でも、下がった眉と高い頬骨って、笑顔も少しは影響してきそうですよね。

 

第一印象が大事とはよく言ったものですが、この脳反応は究極の第一印象ですね。(無意識瞬間印象?)

 

つまり、このような脳の瞬間的印象(無意識)は第一印象(意識下)よりも前段階のものだと思います。ただ、人を判断する要素として、この脳の瞬間的印象よりももっと前段階にあるものが実はあるのですよ。

 

それは、、

 

先入観。笑

 

これは、脳が反応する前にありますからねえ。笑

 

だから、

 

先入観→脳の瞬間的反応→第一印象→後々の関係性(コミュニケーション)

これが、人を判断する段階なのかもしれません。

 

脳の瞬間的反応と第一印象は自分の意識では変えられませんが、

先入観とコミュニケーションは自分の意識で変えられると思います。

 

人さまのことを軽々しく判断してはいけない、というのは、

 

つまり、先入観なく、コミュニケーションをとっていくことを指すのかもしれないですね。(瞬間反応と第一印象はもうどうしようもないので、、)

 

そもそも、つり上がった眉と平らな頬骨でも信頼できる人はたくさんいるわけですから、脳の瞬間的反応はあくまで反応や勝手な判断であって、正解というわけではありません。(そもそも、脳が正解出しているとしたら、詐欺事件も発生しないよね。。)

 

その人がどういう人かという正解(判断)はやはり、【先入観のないコミュニケーション】から見えてくるのでしょう。

 

ではでは

 

 

 

下がった眉と高い頬骨ということは、、これが究極の信頼できる印象を与える顔?笑

 

いずれにせよ、こういった無意識での反応はいろいろあると思いますが、そういう反応があった上で自分は意識的にどう行動していくかが人間力だと思います。(脳の反応のまま、本能のまま、そのまま判断して行動していったら、それは動物だし、秩序がなくなってしまう。)

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です