西方面の海外旅行は時差ボケになりにくい。その理由からの雑感

旅行は西方面に決定?西へ飛ぶ方が時差ボケは少ないと判明
http://news.livedoor.com/article/detail/11830398/

 

海外旅行など久しく行ってませんが、、

 

西方面に旅行した方が時差ボケが少ないそうです。
西に行くということは、つまりは体感としての一日の時間が長くなることになります。

 

なぜ時差ボケが少なくなるのかわかる方も結構いるかもしれませんね。

上の記事によると、
理由その①:人間の体内時計は24.5時間だから
理由その②:日中の日差しを浴びて体内時計がリセットされるから

 

先に理由②について言えば、
西に行けば、まだ日がある場合もあるでしょう。その日差しを浴びれば体内時計がリセットされるわけです。東に行けば、既に夜になっている可能性が高まりますから、日差しによるリセットが難しくなります。でも、この理由は深夜出発とかだと、説得力がなくなってくるか。。

 

そして、理由①、、

 

人間の体内時計は25時間という話はよく聞く話です。火星の一日の長さと同じだから、人間の祖先は火星出身?という都市伝説もありますよね。^^;
ちなみに、火星の一日の長さは正確に言うと、24.6229時間です。(地球は23時間56分4.0905秒)

 

上の記事では、24.5時間と言っているわけですから。正確な火星の一日の長さと比較すると、地球人の火星出身説の可能性も上がってくる?、、、、わけないです。笑

 

 



 

 

実は24時間10分!睡眠を司る体内時計の仕組みとリセット法とは?
http://sleeplaboratory.net/how-the-body-clock-that-controls-the-sleep/

 

実は、最新の研究で、人間の体内時計は24時間10分だということがわかっています。(個人差で24時間より短い人もいれば、24時間20分周期の人もいます。平均が24時間10分)

 

24時間10分ということだと、この理由②の説得力もちょっと下がってしまいますね。。

 

でも、昼夜逆転生活の私が、私なりの理由をもう一つ考えてみましょう。^^

 

「まだ眠くないのに、眠らないといけない」より「眠いけど、眠さをがまんする」の方が簡単だと個人的には思っています。

 

もっと違う言い方をすると、

 

「満たされた欲望をを重ねる」よりも
「満たされてない欲望を、我慢する、先延ばしする」ことの方が容易いと思うのです。

 

例えば、3大欲求で考えてみましょう。

 

「お腹いっぱいなのに、食べなきゃいけない」
「眠くないのに、寝なきゃいけない」
「性欲(その気)がないのに、求められる、行為をする」

 

、、これ、つらいですよね。笑

 

一方で、、

 

「お腹が空いているけど、ご飯を抜いてがんばる」
「眠いけど、睡眠時間を削ってがんばる」
「性欲は、、、先延ばしや我慢は簡単でしょ、たぶん。^^;」

 

こちらの方が比較的簡単かと。

 

、、ご飯をぬいてとか、睡眠を削って、という経験をしたことのある人は多いと思います。^^;

 

こう考えると、欲望の扱い方ってやっぱり大事だなと思います。常に欲望が満たされた状態もよろしくないなと。欲望?ご褒美?を少し先に置く方が頑張れるのは当然とも言えます。、

ああ、いつも通り脱線モードですが、自分の中ではつながっていますよ。^^;

 

長々と書きましたが、西方面の旅行の方が対応しやすいというのもこの観点から説明できるのではないでしょうか。単純に眠さという欲望を先延ばしすることは簡単だからということです。(長々書いたわりにシンプル!笑)
逆に東方面だと、「眠くないのに、寝なきゃ」の方になるので大変ですよね。(食べることなどの欲望も前倒ししないといけないから大変です。)

 

つまり、西方面だと、欲望を我慢すれば良いパターンになるから、時差ボケも解消しやすい。これがシンプルで一番説得力のある理由になるのかもしれません。^^

 

以上、時差ボケの話からあっちこっちと雑感を述べてみました。

 

ここまでとっ散らかったついでに、開き直って、これも紹介しときますね。(火星とかの話も出たし)

 

ビッグバンの前にはもうひとつの「古い宇宙」があった:研究結果
http://wired.jp/2016/07/29/big-bounce-universe/

 

単純なビッグバン理論はもう古いかもしれません。この辺の話はまた今度。(はあはあ、興奮。笑)

 

ではでは

 

 

欲望の話とかで、もはや、時差ボケの話から大分離れた内容になっているような気もしますが、最後もすみません。。^^;欲望が満たされる。つまり満足することと幸せはリンクするような気がしますが、満足すると向上心は生まれません。でも、欲望を満たすことを我慢し、何かを頑張って向上したとしても、その代わり、幸福感は得られない可能性もあるかもしれません。満足=幸せ、不満足(我慢)=向上心?この辺はジレンマというか、トレードオフの関係性なのかな?と、思考がどんどん脱線していく今日の私なのでした。失礼。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です