女の涙と男の涙の欲情論

女性の涙を止める一番の薬は男の涙だそうです。女性のかまって欲が満たされるからだそうです。

 

ほほう、今度、一緒に泣いてみるか。なんて。笑

 

涙は女性の武器じゃない!「女性の涙の香りは男性に嫌気を与える」
http://news.ameba.jp/20140115-567/

 

感情によって涙の味が変わることはご存知の方も多いかもしれませんね。
悔しさや怒りの涙は塩辛くて、喜びや悲しみの涙は水っぽい。(ナトリウムの排出量の違いね)

 

このように涙の味の話は聞いたことがありましたが、涙の香りにスポットをあてたところがこの記事(研究)のとても興味深いところです。

 

記事によれば、セクシーなシーンを男性に見せて興奮度を測る実験を行ったところ。女性の涙の香りを嗅がせた男性は、嗅いでない男性に比べて、興奮度が低かったとのこと。つまり、女性の涙の香りは男性をその気にさせないということになります。

 

こういう情報を踏まえると、泣き落としも一長一短ですね。女性の皆様お気をつけ下さいww。

 

実は、おもしろい情報がもうひとつありまして、
アメリカの研究(ラット実験)によれば、男の涙にはフェロモンが含まれていて、女性を惹き付けたり、性欲を向上させたりする効果があるそうです。(女の涙と逆ですね)ただし、フェロモンは空気中の水分に溶け込みやすいため、顔を近づけないと効果はないようですが。

 

ほほう、、ならば、どんどん男泣きした方がいいのかな?笑
でも、泣きまくる男性というのもねえ。。男の涙、、これもやはり、一長一短、我ら男性陣も涙の扱いには気をつけなければなりませんな。ww

 

ちょっと私、変な想像をしちゃいました。

 

 



 

 

例えば、上で言ったように、女性が涙を流して泣いてしまったとしましょう。そこで、女性の涙を止めるには男の涙が効果的だ、ということで、男性も一緒に泣き出すとしましょう。つまり、お互いが泣いた状態です。そうすると、女の涙の香りや男の涙のフェロモンの影響で、女性はどんどん発情する一方で男性は逆にその気がどんどん失せて行くという現象が起きてしまうことになりますよね?

 

Oh ! No !、なんというミスマッチ!!笑

 

はははー、変な想像してすみません。
このミスマッチを解消するためには、、(まだ妄想続ける。w)

 

その気を失せさせる女性の涙を止めて、その気にさせる男性の涙だけが流れている状態にすれば、ミスマッチは防げます。つまり、香りやフェロモン上の欲情論で言えば、男だけが泣いている状態の方がまだ望ましいということになってしまいますね。うーん、おもしろい。

 

この涙情報、是非是非、機会があれば活かしてみてくださいね。
涙が流れるようなシチュエーションで、こんなことを冷静に考えられるかどうかわかりませんが。笑

 

ではでは

 

 

見た目(視覚)は大前提として、涙の味、涙の香り、ときたら、五感でいえば、あとは涙の音という概念が出てきたりするのでしょうかねえ。w。(泣き声とか?)いずれにせよ、誰かの前で涙を流せる時点で私は十分幸せのような気がしますが、いかがでしょう。

 

 

あわせて読みたい

1件の返信

  1. アミまこ より:

    怒る男性には説得力があって、怒る女性には説得力がない?(研究結果)

    怒る男性は「説得力がある」と受け止められる。しかし女性は…(研究結果)http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/27/angry-men-angry-women_n_8404520.html最近、何かで怒りましたか?私は、思い出せないくらい久しく怒ってないです。(外界との接点が少ないせい?^^;)研究によれば、男性が怒る場合と、女性が怒る場合とでは、相手に与える印象(影響)がかなり違うようです。実験では、被験者に模擬裁判の陪審員(6人で構成、被験者以外さくら)をやってもらい、被験者含め5人が同意見の中、ひとりの陪審員が怒りを表しながら反対意見を述べた場合、その被験者はどう思ったかを調べました。結果、怒りをあらわにして反対意見を述べた陪審員が男性だった場合、多くの被験者は自分の意見に疑いを持ったようです。一方、反対意見を述べたのが女性だった場合、その意見に影響を受ける被験者は少なく、自分の意見にさらに自信を持つ人さえいたそうです。つまり、怒る男性の意見には説得されやすく、怒る女性の意見には説得されない、という傾向がこの実験で示されました。確かに、感情的に怒りをあらわにしている女性に対して、ヒステリーという偏見が出てきてしまうこともあるかもしれません。。その辺の影響もあるのかな?男女差別はよくないですが、ひとつの事実として、同じ表現をしているのに、与える影響の男女差があることはしっかり受け止めといた方がいいかもしれません。そういえば、少し前にこんなブログを書いていたのを思い出したました。女の涙と男の涙の浴場論http://gata.blog.so-net.ne.jp/2014-01-20怒りだけじゃなく、涙だって、男と女で受け止められ方が全然違います。おもしろいですね。とりあえず、女性は何か主張したい、説得したい時はそんなに怒りを表現しない方がいいかもしれませんね。(是非、そうして欲しい^^;)男性の場合は、どんどん怒って主張、説得していけばいい?いやいや、主張する度に怒っていたらとんでもないことになりますし、いつも怒っている人が怒っても効果はないですよ。普段は温和で、ここぞとばかりに怒ると、かなり効果的に相手に伝わります。はい、これは私の経験談です。笑(そりゃあ、普段ニコニコな私が急に怒ったら、相手はビビるよね^^)もちろん、和やかにお互いの意見を聞けるのが一番です。ではではいつもこ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です