毎日22分以上が理想?運動は心も体も満たしてくれる

【運動をすれば幸福度が上がる、ピークは毎日22分以上の運動量:研究結果】
https://www.lifehacker.jp/2018/05/16706922minutes-mylohas.html

 

昨日、音楽仲間と読売ランドで一日中はしゃぎまくった私です。気がつけば、歩数は18000歩を超えてました。^^普段、ひきこもっている私にとっては何日分も歩いたことになります^^;

 

今日はそれに関連した記事をご紹介。

 

上の記事によれば、、

 

・週に10分や、たった一度の運動で、幸福度を上げることができる
・週に150分運動しても、300分以上運動しても、幸福度は同じ
・つまり、週150分の運動が幸福度のピークで、それ以上の時間を運動しても幸福度は上がらない
幸福感のために、週150分以上の運動が良いとするならば、毎日なら、一日平均22分以上の運動がおすすめ

 

、、、以上、記事引用参考。

 

昨日は、午前中からアトラクション乗りまくって、夜は土砂降りの中、園内でリアル脱出ゲームで歩き回ったりと、ハードに10時間くらい運動したので、しばらく運動しなくても、幸福感的には大丈夫そうですね?笑(事実、体はへとへとですが、心の充電できました)

 

そうそう、昨日のランチ休憩中に仲間たちとスマホアプリの歩数を見せ合いして盛り上がったのもひとつの思い出。(歩数アプリで盛り上がるのは同年代ならでは?^^;)

 

どの時間をどのくらい歩いたのか、ルートも含め、すべてがデータ化されているので、自分の行動スタイルがデータに顕著に現れます。

 

例えば、一回の行動で長時間動く人、少しの行動を多数行う人。

 

昨日のランチタイムでもそんな話がちょいと出ました。

 

体への影響はどうなのだろうってこと、以下の記事をどうぞ。

 

 



 

 

【どちらが体にいいの?ウォーキング「2分15回」と「10分3回」】
https://www.mylohas.net/2018/05/167243nyt_walking.html

2分15回と10分3回のウォーキングの健康効果は一緒
1日に行う適度な運動が20分に満たない男女は早死にのリスクが最も高かった
・1日の中で合計1時間程度の運動をしていた人たちは死亡リスクが半分

 

記事によれば、一回の長い運動も、多数の短い運動も健康効果に差はないようです。

 

だから、短い時間でもどんどん体を動かそうぜ!ってことになります。^^(早歩きも立派な中程度の運動ですから)

 

さらに、私が注目したは、

 

「一日に行う適度な運動が20分に満たない男女は早死にのリスクが最も高かった」

 

そして、上の記事では、

 

「幸福感のためには、一日平均22分以上の運動がおすすめ」

 

つまり、

 

「体のためにも、心のためにも、毎日22分以上は運動した方がいい」

 

、、ということになりますよね。^^

 

このように複合した情報って結構、意義があると思っています。

 

ということで、

 

毎日22分以上、体を動かしていきましょう!

 

昨日10時間以上動いた私はしばらく動きませんが!(体も心も貯金したつもり。笑)

 

ではでは

 

 

運動を続けられる人と続けられない人の差は、運動による効用を実感した人とそうじゃない人の差だと思います。実感をするためには継続することが大事。まずは短い時間から。

 

あわせて読みたい