男と女での時間感覚の違い&コミュニケーションの仕方の違い。(別れ話の結論の導き方の男女差)

男と女では「時間の流れの感じ方」にも違いがあることが判明!
http://irorio.jp/natsukirio/20150319/214702/

 

テレビでやっていた内容みたいなので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、これはおもしろいですね。

 

男性は、別れ話を切り出すまで1ヶ月以上
女性は、別れ話を切り出すまで1週間以内

 

これは、全世界共通みたいです。

 

女性は男性に比べて生殖期間が短いことがこの傾向の原因と考えられています。(女性は別れ話であまりモタモタと時間を無駄にしたくない)

 

これと関連して、男女ではコミュニケーションの仕方にも違いがあるようです。

 

男性は、一度頭の中で葛藤し熟考した後、まとまった結論を発表する。
女性は、途中経過でも人に話し、共有しながら結論に近づこうとする。

 

これを別れ話に関連づけると、

 

男性が別れ話をする時は、既に別れるという結論が出ている
女性が別れ話をする時は、「別れたいと思っているがどうしよう」状態

 

上と合わせて考えると、

 

男性は、1ヶ月以上も熟考して、別れという結論ありきで別れ話をする
女性は、思いついて1週間以内、まだ別れという結論は出てないが、別れ話をする

 

 



 

 

やはり、男と女は違う生き物ですね。。

 

男性側から言うと。「そんな大事なことを簡単に口にするなよ」という感じでしょうか^^;
女性側から言うと、「そんな大事なことをひとりで勝手に決めないでよ」という感じでしょうか^^;

 

まあ、男女のコミュニケーションはいろんなケースがあるので、一概には言えませんが、面白おかしく推測するならば、もしかしたら、大事な話ほど、上のような傾向があるのかもしれませんね。

 

例えば、
「私のこと好き?」とか「いつか結婚したいね」とか、惜しげもなく言う女性に対して言葉のつまる男性、、なんてのはドラマや現実世界でもちょくちょくあるシーンだと思います。笑

 

でも、これって、愛というテーマに対して、

 

男性は、大事なことは1ヶ月以上は熟考し、結論を出して言葉にする(だから寡黙)
女性は、大事なことは途中経過でも話して、共有しながら結論に近づこうとする(だから連呼)

 

、、ということをお互いに行っているから、例のシーンが生まれるとも言えるかもしれません。^^

 

そういう観点で言えば、簡単に大事なことを口に出す男性よりも寡黙な男性の方が信頼できる?かもしれませんね、(永遠に寡黙ではダメだけど)

 

逆に、女性は大事なことだからこそ、多く語るということを男性側は理解をしてあげなきゃいけないのかもしれません^^;(逆に寡黙な女性はどういうことになるのだろうか??大事なことじゃないから口にしないということ?)

 

こんな感じで、お互いの傾向をお互いに勉強しながら、別の星の人間とも言われる男と女のコミュニケーションを良好に保っていこうではありませんか。

 

ではでは

 

 

単純に考えて、女性には生理があるから、1ヶ月という周期(時間)を男に比べて敏感に感じているのかもしれません。だから、時間感覚に乏しい男性はいつまでも夢を見て、時間感覚に敏感な女性は現実的なのかもしれません。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です