おれ~おれ~♪(社会じゃ、おれおればっか言ってちゃだめよ^^)

本日、マツケンサンバⅢが六本木ヴェルファーレにてお披露目イベントがあったようで、それに招待券を当てた両親が出かけていきました。今日の朝刊にも大きく取り上げられたりしてましたし、これだけの期待を裏切らずそれなりにまた売れるのではないでしょうか。マツケンサンバⅢというと、いつワンがあったのか気になるところですなあ。するとですねえ、もともとは「マツケン音頭」で、そこから「マツケン小唄」→「マツケン数え歌」→「マツケンマンボ」→「マツケンサンバ」→「マツケンサンバⅡ」という流れらしいですよ。(私的には「マツケン数え歌」が聴きたい。。)リオのカーニバルに刺激を受けてマツケンサンバが誕生したらしいですが、今回のⅢには「燃えろ~、エスペランザ~」と、もろスペイン語の詞があるらしく、和洋折衷どころか、もう、なんでも折衷(ブラジルでもスペインでもなんでもこい)という感じですな。(それがうける?今の世の中)まあ、マツケンサンバ、いったいいくつまでいくかは見ものですねえ。虎舞竜のロード全13章だっけ?に負けないくらい、いくつもマツケンサンバ出して欲しいっすねえ。でも、そこまでいくと、松平健さん(51)の体力勝負の話にもなってくるかな?(結構、一曲踊るのもハードでしょ~、たぶん)だって、あの衣裳(ニューヨークの生地で500万。。)って重さ5キロもするらしいからねえ。東京ドーム公演ではニュージーランド産の生地でより軽量化されたみたいでやんす。あと、Ⅲ、Ⅳと出していくと、たぶん、もう、Ⅱとかは聴かなくなっちゃうんだろうなあ。Ⅲを聴いてないんでなんとも言えませんが、このシリーズが似てるようなものばっかであれば、あえて古いナンバーは聴かなくなるでしょうねえ。う~ん、音楽が廃れていくのを見るのはいち音楽家として悲しいですねえ。(おおげさ?)たまには、古いナンバーから最新ナンバーまでぶっ通しで演奏(踊り)する、マツケンサンバオールナイトフェスティバルなるものを開催して欲しいっすねえ。(老若男女徹夜でい!)あぁ、Ⅲを聴いてない私がなぜか、こんなにうだうだと書いてしまったがな。。失礼。


対面でそんな恨めしい目でみつめるなや。。
飯の味が。。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. アミチャン2号 より:

    昨日は お返事ありがとうございました。
    選挙も無事すんで、テレビ番組も やっといつもの番組に戻りつつあり
    お笑い好きの私にとって、ストレスの溜まらない毎日がもどってきました。
    マツケンサンバで虎舞竜を 思い出すなんて・・・
    私は 志村けんの東村山音頭を思い出し、
    一人(1丁目!1丁目!ワァオー!!)と、こだましてますが・・・
    歳がばれてしまうーーー

  2. ガタ より:

    いえいえ、こちらこそ、コメントありがとうございます。
    選挙が終わったとは言え、まだまだ、テレビでの政治の話は絶えませんねえ。(小泉首相独裁色の濃い政治の今後の動きってとこでしょうか^^)
    なにはともあれ、笑いが増えることは幸せなことですね^^
    東村山音頭?知りませんでした。調べるとドリフで志村けんが歌ってたみたいですね。おいくつか知りませんが、いくつになっても、こだまするような元気があることは素晴らしいことではないでしょうか^^アミチャン2号さんの元気がみんなにこだま(反響)しますように^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です