カフェイン量の本当のところ。

食後のお茶が最近一際おいしく感じてきたこの頃、、年頃!!?やっぱ、日本人っす!と、この時ばかりは思います。深夜に飲まれるとカフェインのせいで眠れなくなるという方もいらっしゃるようですが、まあ、私の場合はそれほどでもありません。(体質、相性もあるでしょうし)ちなみに、カフェインというとみなさんはコーヒーをイメージする方がいらっしゃると思いますが、お茶のような抽出物にはすべてカフェインが含まれています。順位は1位玉露、2位紅茶、3位コーヒー、4位タイ煎茶、ほうじ茶、ウーロン茶、5位番茶、玄米茶、6位というか、麦茶はゼロです。データ上、玉露はダントツですね。以下は微差ですね。よく、緑茶の方がとか、紅茶の方が実はカフェインが多いという話も聞いたりしますが、それは、コーヒーの粉やお茶の葉の粉末状態における、カフェイン含有量だったりするので、抽出物のカフェン含有量を比較したこのデータの方が私達にとっては参考になるものでしょう。(ちなみに、お茶とコーヒーでは同じ重さの粉末状ではお茶の方がカフェインが多いですが、お茶はコーヒーの半分の量で抽出することができるので、抽出するとお茶の方がカフェイン量が少ないという結果になったりします)ちなみに、ちなみに、運動前にカフェインを摂取しておくと、運動時の糖質と脂質の消費比率が50:50から25:75になるとかとか。今日から縄跳び前はお茶タイム!!!

参考サイト
http://www.nms.co.jp/uso/uso33.htm


アミ;「むしゃむしゃむしゃ」
アミちんは、草からカフェイン摂取?^^

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. あざみ より:

    やはり、日本人は、お茶とお味噌汁は、いいですね。
    アミちゃんは、優しそうな顔してますね。

  2. ガタ より:

    カフェインやら、塩分やら、いろいろ言われたりしますが、日本人のDNAには逆らえないですね^^お茶も味噌汁もうまいですから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です