ゲームの昇格、納豆の陥落

ゲーム脳、この言葉は一時期よく耳にしたものです。視覚からの情報だけで、何も考えずに指先を動かすテレビゲームなどを、長時間続けていると、大脳の働きが低下していくことを意味します。(セロトニン欠乏状態)そして、集中力、持続力、、記憶力がなくなり、すぐにキレたりおこりっぽくなる。これは大脳の側面に位置する創造力や人間らしい(理性・道徳心)感情を表現する働きを持つ前頭前野の活動が低くなるためらしいです。現代の子どもたちが切れやすかったりするのはこのせいだとも言われております。しかし、ゲーム脳というように脳にとって悪いイメージのゲームに我が家は今、はまっております。今さらながら、DSの脳内トレーニング。。脳を低下させると言われていたのが、逆に、脳を鍛えるためのゲームということで、逆の発想ですね。1月の親の誕生日にDSライト&脳内トレのソフトをセットでプレゼント。私もはじめてやりました。脳年齢41歳。。う~ん、なんと、落ち着いた考えのできる脳なんだろう(無理やりポジティブ)、、とは言えない恥ずかしい結果です。今では、慣れもあり、自分の実年齢まで脳年齢を下げることができました。悪いと言われていたものが良い、良いと言われていたのが悪い。納豆問題ではないですが、なんか、おもしろいですね。とりあえず、納豆は毎日食べてます。脳内トレは時々やってます^^流されず、かつ、固執しすぎることなく、バランスをもって生きていきたいですね。


私:「どっちに入ってるでしょう?」
アミ:「こっち!!」と言いつつ両手に手をかけるずるいアミちん。
脳トレというより嗅覚トレですね^^

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. あざみ より:

    ソネットブログのシンナッツさんのワンちゃん達がしばらくお休みするらしいので、アミちゃんブログ犬で頑張ってね。

  2. ガタ より:

    はい、ありがとうございます。
    アミちん長生きしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です