ドラゴンは実在し得る??

ハツェゴットプテリンクス、ご存知ですか?それでは、プテラノドンはどうでしょう?恐竜に少しでも興味のある方なら結構知っている人も多いはずです。そうです、翼竜の代表的な存在ですね。では、ハツェゴットプテリンクスとうのが何者かというと、それは最大の翼竜なのです。プテラノドンが翼を広げた大きさが約7~9mなのに対して、ハツェゴットプテリンクスは推測するに15mを優に超えます。記事イラスト参照を見て頂ければわかると思いますが、キリンよりもでかいです。。すご。。こんなの飛べるのか?という疑問がつきますよね。こんな疑問(研究者の間でも)のつくハツェゴットプテリンクスですが、先日、進化した筋肉を利用してしっかりと飛んでいたという研究が発表されたようです。うおぉ!
恐竜時代はすべてのスケールが違うんですな、本当に。。
こんなでかい恐竜が飛んでいたなら、映画の中でよく出てくるようなドラゴンの上に人が乗って飛ぶということも全然考えられなくもないということなんだろうなあ、と勝手に妄想。
あと、2008年の日本科学館などの展示では、ケツァルコアトルスが約10mということで、最大翼竜と紹介されてるんだけど、どういうことなんでしょうね?ハツェゴットプテリンクスって、最近の発見なのかな?
ちなみに、現在確認されている最大の恐竜はアルゼンチノサウルスで、体長35~40mです。34mまで確認されているシロナガスクジラも負けてないですよね。生で見てみたいもんだ。わくわく。

amisaurusu.jpg
アミ:「がおぉぉ~。」
アミサウルスは今日も狭い畑で吠える。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です