人間とペンギンの腰痛。

腰が痛い・・。一昨日の朝から、ぎっくり腰をやった後の痛みが続く。。年齢??いやいや腰痛は年とそんなに関係ないと言われます。よくよく考えたら、台風直撃中、一瞬雨が止んだその瞬間に「今だ」とアミにカッパをつけず、散歩に出たのが原因であると思われます。外に出た途端、暴風雨。。一応、傘を持参していた私はアミが濡れぬように強風でしなる傘をアミに寄り添って、アミの上にかかげながら、(体がL字に曲げたまま、腰を曲げたまま)散歩コースを走破。そんな努力も空しく、二人はびしょ濡れ。今残るのは、私の腰痛だけ。。(無理な体勢がたたった・・)まあ、そもそも、人間、二足歩行をしてることで腰痛の呪いからは逃れられぬサダメではあるのですが、300万~400万年前から二足歩行をしているにもかかわらず、未だ二足歩行に骨格が対応しきれずに腰痛が起きるのですから、何百万年後に人間は腰痛の呪縛から解き放たれるのでしょうかと気が遠くなります。でも、二足歩行をする人間だけが腰痛という病気があるとよく言ったものですが、じゃあ、よく見る、よちよち歩きで二足歩行するペンギンさんはどうなるんでしょうねえ。ペンギンが腰痛で痛たたたた、、、と悶絶してる様子は見たことがありません。(見てみたい)水中以外ではほとんど突っ立てるのだから、腰痛になってもおかしくはないと思うのですが、どうなんでしょう。真相はペンギンのみぞ知るということでしょうか。でも、同じ二足歩行でも人間とペンギンで何が違うといったら、やはり、自由になっている前足、つまりは両手で物や道具を使うということがペンギンにはないというところでしょうか。これによって明らかに腰への負担の差が出てきますね。後は、水中での生活もするペンギンさんは、腰への負担は軽そうですね。あぁ、何をするにもワンテンポ動きが遅くなる。。小またでちびちび歩くと腰の痛みも和らぎます。ん?これってペンギンみたいな歩き方??と、まあ、腰に痛みを抱えつつ、今日も陽が暮れるのでした。。ちゃんちゃん。


アミ:「腰痛だぁ?そんなの知らんがな。それより顔やせ、顔やせ。」
健康より美容に気をつけるアミちんでした。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です