候補者の面々が変わっているのに、再投票できず。。

長崎市長選、元市統計課長の田上氏が当選をしました。次点の故伊藤市長の娘婿の横尾氏との得票差は953票。接戦でした。無効票はなんと15000票を超えるとのことですが、その無効票の中には、期日前投票をした7354票(市長が亡くなる前)の中の故伊藤市長の名前を記載された分が多く含まれていることは確かです。期日前投票をした人は、事件後、状況が変わったにもかかわらず、もう一度投票できなかったようです。なんとも、不公平な感じはしますね。しかも、この僅差の勝負において、この問題は結構大きいと思います。別に、田上氏、横尾氏、どちらを応援しているというわけではありませんが、選挙を仕切りなおすとか、延長するとか、して、この不公平感をもう少し無くせなかったかがとても疑問です。行政は過去の事例がないと柔軟に対応できないのかという少々行き過ぎたレッテルも貼られかねないですね。。


アミ:「不公平な世の中は嫌ですなぁ、お互い。」
逃げ回るアリさんに話しかけるアミちん^^

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. あざみ より:

    アミちゃん、ありさん追いかけてるの?可愛い!癒されます。(^.^)

  2. ガタ より:

    いるだけで癒されるなんて、すごい存在です^^アミちん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です