出会えましたか?ひこ星と織姫に^^

今日は7月7日七夕の日ですねえ。みなさん、天の川、ちゃんとご覧になったことあります?雲がもくもくってある感じですね。でも、あれが星の集まりだと考えるとすごいっすね。実はあの天の川、僕らが位置する太陽系が属する銀河系そのものなんですよん。(天の川銀河とも言うそうな)銀河系って真上から見ると円盤、真横から見るとレンズ方みたいに見えると言われますが、天の川は自分たちの銀河をその銀河の中から横から覗いてることになるみたいです。天の川の一番、明るい部分(射手座の方向ね)が天の川銀河の中心部分だそうです。10万光年~16万年光年の直径と言われる(わけわからん)このような銀河系は2000億個もの星からなり、その銀河系は宇宙に1000億個以上あるとも言われてます。(う~、気絶する~)ひこ星とおり姫って、何者じゃー、言ってしまえば、化け物だねぇ(お子さんにこの文章読ませないように^^)でも、これだけ広大な宇宙なら、僕ら以外の生物、そう!宇宙人がいても全然不思議じゃないね。(わくわく)宇宙学者も宇宙人の否定はしないしね。さらには、最近、太陽系内にも、地球外生物がいる可能性が謳われてますな。火星には水の形跡があったようだし。そもそも、水の有る無しで生物の有り無しを判断するってのも、地球人の主観がめちゃくちゃ入ってますな。地球外はもうすでに、常識外ではないかと思いますがね。だって、数百年前の人たちは世界は球じゃなくて、平らだと思ってたくらいだからねえ。それを考えると、今後、僕らの常識がどこまで続くかっていう話にもなってくるわけです。まあ、結局のところ、言いたいことは、宇宙人はいるでしょってことですな。(さらにわくわく。。)僕ら自身の存在がそれを証明してるような気もしますがね。^^


アミ:「御用でい!御用でい!うりゃりゃ~!」

あわせて読みたい

1件の返信

  1. Alex Boscawen より:

    Alex Boscawen

    This is patently absurd; but whoever wishes to become a philosopher must learn not to be frightened by absurdities.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です