宇宙の中心で愛を嘆く。

宇宙好きの私は、やはり観てしまいました。そう、「宇宙戦争」だよん。(もち、スターウォーズも観るぜい!)これもあえて良し悪しは言いませんが、少し注文するならば、伝えようとするところが抽象的に表現されてるので、観る側の拡大解釈でやっとこさ理解にたどり着く感じなんで、もう少しそこらへんを説明的というか具体的にしてもよかったかなあと。(かってに)あと、少しでも映像制作に関わったものとしては、こういう作品を観るたびに、どれだけこの映像に対してとてつもないコストと労力を注ぎ込んだかっていうことにびっくりさせられます。話は変わって、主役のトムクルーズ、今度、ピチピチな女優と結婚しますねえ。もう、42歳っだけか?すげえなあ、うらやましいなあ、人生謳歌してるなあって、おいら以外にも思う人は結構いるはず。。でもね、でもね、その華やかなトムクルーズは実は読字障害ってのをご存知で?脳の障害により、文字を読もうとすると文字が裏返って見えたり、霞んだりなどきちんと判別できない障害みたいですね。なので、数々の映画をこなしてきたトムクルーズは台本をすべて、耳で聞いて覚えてるとのことです。(それまた、すごい)勘違いしないように言うと、ただの勉強不足とかおバカさんというわけじゃなく、あくまで障害なんすよ。それを乗り越えての輝く今があるっちゅうのはとても拍手に値することではないでしょうか?華やかに見えても、そこにはいろんな積み重ねがあるっていうことを再度、肝に銘じる私でした。ただ、羨むでるのではまだまだであーる。でも、嫁さん、かわええなぁ。。


アミ:「お、いい女!」
私:「あんた、メスだろ。。一応「」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です