政治は国の薬として機能しなきゃね・・。

おもしろいというかすごいニュース。イタリアの国会議員の50人中16人から麻薬の陽性反応が出たというもの。あるイタリアの人気番組が国会予算についてのインタビューという名目で、数々の政治家に直撃。そのインタビュー中に美人ヘアメイクさんがその政治家たちの汗をふき取り、その汗を試薬にかけたところ、そんな結果が出たとか。。政治家ですよ、政治家、どうなってるんでしょうねえ。この番組は結局は放送されないようです。(圧力?)イタリアの政治家はマフィアだとはよく俗っぽく言ったものですが、本当なの?ってなってしまいます。おもしろい話で、大麻を非合法にしているのは、簡単に栽培できる大麻を普及させないため、普及しない→価値が上がる、そして、闇で販売、金をがっぽがっぽ稼ぐことができる^^みたいな話もあります。イタリアの中にあるバチカンはイタリアの司法権や警察権が及ばない、その中のある銀行でその闇で儲けたお金をマネーウォッシュしているという話も。。冗談半分、面白半分の話だと思っていましたが、このようなニュースが流れるとちょっと疑わしい目で見てしまいますね。イタリアの政治は、日本の政治に似ていると昔から言われてきました。すぐ倒れる内閣、すぐ変わる首相、全然変らない汚職体質、戦後からずっと居座り続ける与党、政党第一・国民第二の政治、そして、そして、ヤクザ(マフィア)の存在^^イタリアでは与党が交代したりして、イタリア政治も変わった、改善したという見方もあったようですが、このニュースじゃねえ。。似ていると言われていた(いる?)日本の政治はどうなんでしょう。安倍さん、頼んます。。


アミ:「腐った世の中にドロップキッ~っク!」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です