星空に夢と禅を感じてみる。

先ほど、(深夜1時ごろ)縄跳びをしている最中に、曇りではあったのですが、北西の星空に雲の隙間からオレンジ色の光が見え隠れ!!なんだ?なんだ?ワクワクとしながら、縄を跳ぶ私。。勝手にいろんな妄想を繰り広げる私。。帰って、変な期待をしながらネットで現在時刻の月の位置を確認。。そして、方位的に考えてあの光がやっぱり月なんだろなぁとしんみりと確定。。(妄想撃破)どんな妄想?ご想像におまかせします^^その話はまあ、置いておいて、私はいつも星空を眺めながら縄を跳んでおります。(なんてロマンチック)壮大な星空を見ながら反復運動を繰り返していると一種の瞑想状態?(おおげさ^^)というか、無心になります。あぁ。ちっぽけな自分だなぁと。まあ、肉眼で見える星(一等星から六等星)の数だけでも約4300個もの星があるんだから、このように圧倒されてもおかしくはないのです。たまにはこういうふうに力を抜くこと(私は抜きすぎ?)も必要なんではと思いますねえ。でも、ここは田舎だからこそ、約4300個もの星を感じ取れますが、都会の方だと、三等星までの星しか感じ取れず、約1500個の星しか感じ取れなかったりするわけで。。あぁ、なんて、かわいそう。まあ、都会の人は高層ビルから見下ろす輝く夜景で代用して、こういう気持ちを仮想したりするんですかねえ。でも、そいうものを感じる時は、見下ろすより、見上げる方が謙虚に感じられそうだと思うのは自然がいっぱいで空気が澄んだ場所で縄跳びをする私だけでしょうか?^^


アミ:「わかる、わかる、星空っていいよなぁ。」
私:「お?見上げるのは食卓のテーブルだけじゃないの?少しは大人になったかな?」

ちなみに私が月の位置関係を確認したサイト、天体観測にはいいと思いますよ^^
http://homepage2.nifty.com/turupura/java/TuruPla.htm

おすすめ

2件のフィードバック

  1. あきうさぎ より:

    私も一度だけ本当に、お月様とは逆の方向の空にオレンジの光を
    見たことがあります!!横にいた友人と、その動かずに大きくなったり
    小さくなったりする光を、何なに!?と見つめていました・・・
    テレビで取り上げられたかと確認しましたが、その気配は無く^^;
    飛行機か何かかなぁ。。でも宇宙は広いから何があるかわかりませんね^^
    おススメの本(写真集?)に、林 完次著「宇(そら)の名前」光琳社出版というのがあります。なかなか普段は見られない天体が載っていて、素敵ですよ~

  2. ガタ より:

    この時に限らず何度か妙な光を見たことがあります。まあ、星なのかなんなのかは確定できないことなので、楽しい妄想の方の理解に落ち着いてます^^;
    その本、機会があったら見てみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です