玉ねぎと涙と放射線。

昨日はお店でたくさん玉ねぎを切り刻みました。こんな話を聞いただけで涙が出てきそうですが、大丈夫、、メガネ着用してましたから^^でも、なんで、玉ねぎを切ると涙がでるのでしょう。それは硫化アリルによるものです。切った瞬間から揮発性の刺激臭によって目の粘膜が刺激されて涙が出ます。調理する前にたまねぎと包丁を冷蔵庫で冷やすことによって刺激成分が揮発しにくくなり、涙を防ぐことができるようです。でも、実は、硫化アリルはビタミンB1の体内での吸収を高め、利尿・発汗の作用を促す効果があるほか強い殺菌力があるようで、涙は出ますが体に良い成分なんです。(それでもいやですが。。)少し話は変わって、ちなみにスーパーに置いてある玉ねぎやジャガイモが芽を出さないのはなぜか知ってますか?実はスーパーで売っている玉ねぎやジャガイモには放射線が当てられているのです。そのような食品を照射食品といいます。穀物などの殺菌・殺虫目的や、バナナなどの成熟を遅らせるためにも放射線が使われていて、病院では、免疫力の落ちた患者の食事の殺菌にも使われています。放射食品に照射する放射線量は厳しく基準が定められています。さらに、放射線を当てたからといって、その食品が放射線を出すわけではないので、安全性には問題がないとはいわれています。ただ、安全と言われていたものが、そうじゃなくなることも多々ありますが。。(環境ホルモンとかね)


アミ:「なになに?食べ物の話?」
私:「たまねぎはダメでしょ、ワンちゃんは。」

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. あざみ より:

    スーパーの野菜に放射線をかけていたとは、露ほどもしりませんでした。
    いいかわるいかは、これからの生活で解ってくるでしょう。それなりの結果がでるでしょうしね。アミちゃん、投げやりになってしましました。

  2. ガタ より:

    アミちんの脱力感にいつも、心が和みます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です