結婚労力恐るべし

近頃、私の周りでは結婚話が盛んでございます。(いつまでも、こどもじゃいられないののね・・。)式の何ヶ月前の招待状、予算、招待するしないの分別、婚約指輪、家族同士のご挨拶、などなど、話を聞けば聞くほど、大変なんだなあと。。(今の私にとっては要らぬ情報なのに、どんどん強制吸収されていきます。。)いったい、誰のために結婚式をするのかわからなくなりますな。(いろんな、しきたり、儀式、礼儀、世間体などなど、いろいろ考えると)そんなしがらみから脱したところで純粋にお祝いをしたいものだと勝手に考えてしまう私、そう、海外挙式。ちなみに、2004年の海外挙式率は6.1パーセント、年々、増加してるみたいっすよ。(私みたいな考えでなのかわからんけどね)マイノリティ路線の私としては、なかなか好奇心をそそる数字っす。さらにさらに、ちなみに、2004年の離婚率は2.12(人口千対)みたっすよ。いくらマイノリティ路線の私も、そこには踏み入れませんわ。。たぶん。いやいや、これは、あくまで人口比であって、昨年の婚姻数が72万5000組、離婚数が26万7000組、単純に、その年だけの婚姻数に対する離婚の比率を考えると、36.8パーセント。おお、こりゃあ、もう、離婚ってのはマイノリティではありませんな。じゃあ、やっぱり、マイノリティ路線の私としては・・もう、いっか、くどい。。みんな、お幸せに。


深夜雷がなり、心配して、のぞきに行くと、、
アミ:「・・・・・、◇★■×△」
あたまを隠して、とにかく震えてました。
少し、胸きゅん。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です