髪を切り、気持ちに区切りをつける。

今日は髪を切りました。う~ん、髪を切りに行ったのは3ヶ月ぶりくらいかな?とはいっても、この前はパーマをかけたので、実質、ちゃんと髪を切ったのはいつの日以来かな?ここまで伸ばしたことないほど伸びた髪をなぜ切ったかって?それは、制御不能になったから、花粉が飛ぶ時期になってきたから(髪に花粉がつく)、そして、今日は母の命日(8回忌かな?)ということで心機一転という気持ちもあったらですな。法事のことは疎いですが、ここで、簡単に整理してみますか。法事は死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う儀式です。死者が冥土に行くと、7日目ごとに閻魔大王によって生前の善行、悪行を問われ7回の審判が行われることから、亡くなられた日を1日目と数えて7日目ごとに7回行うみたいです。最初の七日目が初七日というやつですな。最近は葬儀当日にやることが多いですね。そして、最後の7日ごとの最後の7日目が四十九日というものになるわけです。ちなみに、その後の年単位の行事は、死後満1年の命日を一周忌、その後はなくなった年も入れて数え、満2年目には三回忌と続き、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌となっていくようです。一般には三十三回忌までで終わるそうですよ。全てを行うのは大変ですからね。長い行事ですね、ほんと。人のつながりは続くものですが、あの世に逝っても、長く続くものなんですね。


アミ:「あ~、お天道様、なんまいだ~、なんまいだ~。」
私:「じいさんみたいやなぁ。」

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です