コンポーザーではなく、アレンジャー。

本日は、久々に引きこもり音楽作業。内容?それは編曲。秋田のぞむ先生から依頼された2曲を編曲しておりました。自分の曲以外の編曲は初の試みで、正直、戸惑いもありましたが、なんとか仕上げました。自分で曲を作る際は、自分のイメージの中で事が進むので、いろいろがスムーズです。しかし、曲の構成やコード進行(和音のことね)、楽器の選択、音量バランス、音質選択、テンポ、などなど、編曲をする際、考えることは数え切れないです。。そんな作業を自分の以外のイメージの中で生まれたものを手がけることはなかなか難しい。。(ほんと、アレンジャーってすごいのね。。)今回は、メロディーの微調整やテンポを4拍から3連拍の曲に変更したりしましたが、なるべく、曲のイメージを壊さないように気をつけました。まあ、初の試みとしては、なかなかだと思います。(秋田先生が納得するかどうかは別です・・。)ちなみに、今回作成された曲は苗場カントリーロッヂというペンション?で流していただけるようです^^(確か、そうおっしゃっていたような。。曲名も「カントリーロッヂ」と「思い出のカントリーロッヂ」ですから^^)


アミ:「目を細めたくなるくらい、ええ曲や~。」
私:「ただ、眠いだけでは?」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です