ビヨンドマックス、つまりはマックス以上??

先ほど、野球の試合(準決勝)を終えてきました。9-0の圧勝!これで、2週間後の決勝戦&ビールかけは決定です!なぜビールかけが決定って?なぜなら、決勝戦の日はいつも、ビールやシャンパン一式を用意した上で試合に臨むからです^^あぁ、楽しみ。ところで、ところで、野球に(特に草野球)興味がない方にはつまらない話ですが、2002年から発売され、バカ売れしている打球が半端なく飛ぶバット「ビヨンドマックス」(ミズノ)が近々、使用禁止になるかもしれないという話を聞きました。既に、隣の市では使用禁止になっているとか。このバットは本当に革命的でバットの芯の部分がゴムのように柔らかくなっているのです。このバットの登場により、打球が飛びまくり、速くなりまくりになっています。試合が打撃戦になり、エキサイティングなゲームになるわけですが、どうやら、この飛ぶバットがあまりにも反則的に飛びすぎるだろ、ということなのか、禁止の傾向にあるようです。ちょっくら、調べると中体連なども禁止になったようです。でも、急に禁止にされても、今まで何本も購入してきたこのビヨンドマックスのバットは無駄になってしまうことは本当にもったいない気がします。また、ある連盟や大会や市などによって、禁止事項が変わってくると、いろいろと不公平な部分が出てくるのではないでしょうか?また、たぶん、ミズノさんも商売ですから、まったく異質の飛ぶバットをいづれ開発してくると思います。そして、また禁止、、みたいに、イタチごっこになるのであるならば、両チームが同じバットを使うということであれば、公平な試合が成立するので、飛ぶバットを公認することは特に問題がないような気もします。いづれにせよ、早い全体における組織決定をお願いしたいところです。とにかく、私の非力によるホームランはしばらく幻になりそうですね。。


アミ:「ヘイ、バッチこいや~」
ボーロを投げると必死に獲りにかかるアミちん^^

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です