触りだしたら、止まらない(一時間以上はね)、、、、、ギターのことよ(汗)

弦が切れました。そう、ギターの弦です。(弦の張り替えは1年ぶりくらい?店の日に切れたので少々あせる私。。)いつもは1弦(一番細い弦ね)が切れるんですが、今回は珍しく4弦(3番目に太い弦ね)が切れました。1弦が切れていた当初は、ギターソロのような単音弾きを頻繁に行っていたから、よく1弦が切れたのだと思われます。じゃあ、なぜ今回は4弦?それは今は店でギターを弾きながら歌を歌っておるのですが、ギターソロはバンドマスターに任せて、私はギター&ボーカルでサイドギターをメインに弾いているため、バッキング(つまりは和音弾き)が多いのです。だから、それで4弦(3番目に太い弦ね)にかかる負荷が大きくなったため4弦が切れたんでしょうな。負荷で思い出したのですが、ギターは常に弦をピンと張った状態でいます。よく、弾かないときは弦の張りを緩めてあげるという意見もありますが、私は緩めてません。なぜなら、めんどくさいから。。ギターを手に取るたびにチューニング(音程合わせ)をする手間は結構めんどくさいです。あと、理由を後付けすると、常に張った状態で安定してもらうためには張った状態を保つことは結構重要な気もします。1ヶ月弾かないとかになれば、話は別ですが、弦の張る力に負けてしまう(ネック、つまりはギターの首の部分がしなったり、歪んでしまう)ようなギターでどうすんの?と私は勝手に考えるのでした。今日はギターに興味のない人には退屈な内容でしたねえ。最後にプチうんちく、ギターの弦がかけてる負荷は約70kgだというから、上記のように主張している私も少しびびります。


アミ:「どれ、おいらにもギター触らせてみい。」
私:「いくら、アミちんでも大事なギターを触らせてたまるかい、おらおら~!」
っと、ちょっくら胸ぐら?をつかんでみる^^

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です