ネットのスピードを測定してみた。

最近、ADSLから光にしました。重いデータのやりとりが多くなってきたので。仕事は終わってるのに送信(アップロード)がなかなか完了しないこともしばしば。。実務以外のところでストレスは感じたくないですからね。

 

よくインターネットのコースを選ぶ時、上りが50Mbps、下りが100Mbpsなどなど説明があります。

 

上りというのは、アップロードとも言いますが、要は、自分のPCからネット上にデータを送ること。ブログに写真を投稿するというのもアップロードです。下りは、その逆でダウンロードとも言います。(よく耳にしますよね)ネット上のものを自分のPCに持ってくる(落としてくる)ことを指します。音楽をネットから落とすというような話をよく聞きますよね?それもダウンロード。

 

ADSLの場合は基地局との距離が大きく影響するようで、遠いとネットのスピードが遅くなったりするようです。光は距離の影響はそんなに受けないそうです。まあ、光と言うくらいですからね。そんなサービスセンターの言葉を信じるか信じないかはともかく、光にしてみましたが、本当にどんだけ速くなったのかを知りたくなり、ネットのスピードを測定できるサイトをいくつか巡ってみました。

 

BNPスピードテスト
http://www.musen-lan.com/speed/
(私は下りの推定転送速度73.38Mbps、上りが64.51Mbpsでした。)

ブロードバンドスピードテスト
http://www.speedtest.jp/
(私は9.236Mでした。【宇宙船級】)

USENスピードテスト
http://www.usen.com/speedtest/top.html
(アンケートに記入しなくても測れます。記入すると電話かかってくるようなのでご注意を)
(私は65.018Mbpsでした。)

Yahoo!BB ADSL Speed Checker
http://speedchecker.bbtec.net/
(私は下りが22.1Mbps、上りが60.85Mbpsでした。)

 

ADSL時代に測っておけばよかった。。

 

 



 

 

私が契約した光は接続スピードは100Mbpsと書かれていますが、よーく見ると、※最大速度と書かれています。広告でのネットのスピードの表示はまず最大速度であると考えていいでしょう。これから契約される方はご参考に。

 

上の私の測定結果を見てもらえればわかりますが、サイトによって数値が違います。測定方法が違うこともありますが、それ以前に、ネットを利用する時間帯やPC環境などなど、光やADSL関係なく、多くの要素がネットのスピードに影響をもたらします。上の私の結果は深夜での接続なので、比較的良い結果と見ていいでしょう。(これから測定される方はそのへんを考慮してくださいね)

 

最後に先ほどから頻出単語のbpsの単語の意味をちょっとだけ解説して終わります。

 

bps=Bits Per Second

 

つまりは、1秒間にどれだけのビット(bit)のデータを送れるかということ。
1bpsだと1秒間に1ビットのデータを転送できるスピードということ。

 

ただ、世の中ではデータの単位はバイト(byte)の方が馴染みがありますよね。

 

8bit=1byte

 

それを踏まえると、

 

通信速度/1秒間に転送できる量

56kbps /6.8KB(byte)
256kbps/31.25KB
512kbps/62.5KB
1Mbps /122KB
10Mbps /1220KB(1.2MB)
100Mbps/12207KB(12MB)

 

ということになります。
1GB以上のものをADSLでアップロードしようとすると大変、大変。。

 

皆さまは快適なネットライフを送っていますか?(速けりゃいいというもんでもなく、自分の使用環境に適した接続スピードかどうかですね。コストとかもあるし。)

 

ではでは。

 

 

我が家から見た東京スカイツリー。
矢印の先にうっすら、小さいけど見えるでしょ?
まあ、私より先に友人が見つけたんだけどね・・。
見ようとしなきゃ、見えるもんも見えないという、いい教訓ですね。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です