未発表曲発表は世の常?

ソニーがマイケル・ジャクソン財団と2億5000万ドル(約225億円)にも及ぶレコーディング契約をかわしたそうです。ソニーが財団側に最低でも2億ドル(約180億円)を保証し、ソニーはこれから7年の間にマイケルの未発表曲や既に発表されている楽曲の新パッケージなどを含め、10枚のアルバムを発表する権利を得たということです。これは、2億ドル以上売り上げてはじめてソニーに利益が出るということなんでしょうけど、大丈夫なんですかね?たしかに、マイケル急逝以来、1年も満たない間にマイケルの作品は3100万枚を売り上げていて、今年の6月25日の1周忌までにTHIS IS ITなどの売り上げを合わせると、財団は2億5000万ドルの収入が入るそうなので、これを考えると、ソニーが売り上げを見込んで、これだけの大型契約を結ぶのもわかるかもしれないですね。

 

ちなみに、生前、マイケルは人気ポップグループ「Black Eyed Pears」のメンバーのウィル・アイ・アムと6曲のレコーディングを行なっているようです。音楽プロデューサーたちがそんな未発表曲を発売したいと言っている一方で、ウィルは「リリースするつもりはないよ。まだ完成していない音源を世に出すのはフェアじゃないと思うし、彼の死を利用することになるから。それは正しくない」「彼が生きているうちに外に出なかったものを、彼が死んだ今になって、なぜ出さなきゃいけない?」と言っているようです。曲を出せば絶対に売れてウィル自身も稼げるのにそういうことを言うのはとても紳士的でかっこいいですし、この考えもとてもごもっともだと思いますが、死んだ画伯の絵が高く売れるように、そういうものに人がたむろするのは世の必然とも思われます。おそらく、ウィル自身の思いとは裏腹にこの大型契約によって、マイケルの未発表曲が世に出るのは間違いないでしょう。(上記引用:notrax.news)

 

 



 

 

自分がもし、マイケルの立場だったらどう思うのかな?と考えてしまいます(ありえないタラレバですが^^)リスナーとしては、もちろん未発表曲を聴いてみたい気持ちになりますが、もし自分がアーティストだったら、確かに、自分にとって不完全な曲を世に出されるのは嫌かもしれないですね。一方で、日の目を見ないまま眠る曲たちもなんだかもったいないような気にもなります。でも、信頼する優秀なスタッフたちがいるならば、完成させる作業をおまかせして、やっぱり世に出してもらいたい気持ちの方が大きいかもしれないですね。私の勝手な妄想意見としては^^とにもかくも、リスナー側として、やはり、肝に銘じておかなければいけないのは、未発表曲はあくまで未発表曲。アーティスト本人が制作に関わって世に出た物ではないことを私たちは決して忘れてはいけないと思うわけです。

 

ではでは。

 

P.S.マスコミはすべて沢尻エリカの思うつぼですな。

 

 

アミちんの未発表ポーズ。。はもうないかな^^
アミ:「もう、すべてさらけ出しました。」

 

 

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. Rico より:

    Sonyの記事は私も読みました。ウィル・アイ・アムの件は知らなかったのですが、本当、紳士的な方ですね。全くもって、本人が亡くなった後に、本人の意思と関係なく商業的に走る世間には、MJに限らず時に憤りを感じます。タラレバの話は納得です。信頼している間柄であれば許される感じがしますね。ただ、本当のリスナーは、亡くなってから慌てて発表済みのものを買い占めるような事はしないだろうなと思います。素人ながら、すみません。

  2. ガタ より:

    忌野氏が亡くなった時もそうでしたが、故人に高い価値を見いだすことはいつものことですね。(ビジネスで考えれば致し方ないのかもしれませんが)
    故人に名誉賞をあげるのも似たようなことかもしれないです。
    生前に本人にしっかりと評価や賛辞を与えてあげたいですね。(切にそう思います)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です