ついに地球外生命体発見か!?

宇宙空間に謎の現象、地球外生命体探査プロジェクトで解明へ
http://www.cnn.co.jp/fringe/35072056.html

宇宙好きの私はこういうのは見逃しませんよ〜。笑

 

なにやら、地球から約1465光年離れた宇宙空間に、専門家にも説明がつかない異常現象が観測され、米国の研究チームが地球外知的生命体探査プロジェクト「SETI」の望遠鏡を使って観測に乗り出すことになったようです。

 

わおわお!

 

はくちょう座とこと座の間で特異な光のパターンが起こっているようです。いろいろと説は唱えられていますが、どれも確信の持てないものだそうです。

 

あぁ、無意味に、はくちょう座とこと座の間を眺めちゃうなあ。w

 

 



 

 

前にもご紹介しましたが、

 

地球外生命体の兆候、「10年以内に見つかる」米NASA
http://www.cnn.co.jp/fringe/35062919.html

 

NASAが10年以内に地球外生命体の兆候を見つけると明言しています。さらには、20〜30年以内には確実な証拠が得られるとも言っています。

 

謎の現象はもしかしたら、その始まりなのかもしれませんね。わくわく。

 

もう、いい加減、地球の国々での小競り合いに辟易している私です。
宇宙人はいると信じている私としては、
(この無限の宇宙にいないと言う方がおかしいでしょう!)
さっさと宇宙人に出てきて、いや、光の信号などで存在だけでも示してもらって、せまい地球でいがみ合っていることがどれだけバカバカしいのかを感じさせて欲しいものです。

 

もちろん、自分たちの平和に対して他力本願ではいけませんが、きっかけくらいいいのでは?と思う、宇宙ネタを思い求める深夜の作曲家でした。^^

 

ではでは

 

 

地球外知的生命体とはよく言いますが、飢えや貧困、マネーゲーム、戦争ごっこなどの問題たちを踏まえて冷静に考えれば、自分たちのことを知的と言うこと自体がおこがましいと思うのは私だけでしょうか。上には上がいるという謙虚さを持たせるためにも、宇宙人の発見が期待されます。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です